トヨタのミニバンイプサム

トヨタのミニバン、イプサムは1996年に産声を上げています。コロナプレミオをベースにした、7人乗りのm、い二番としてデビューしたのです。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

イプサムSXM/CSM型は3S-FE型の直列4気等2000ccのガソリンエンジンと、3C-TE型2200cc型のディーゼルターボエンジンを搭載。

小型車の5ナンバー枠に収まるサイズで、ファミリー的なミニバンとして販売されていました。

ワゴン車では背が低くて使いづらい、家族でゆったり乗りたい、そういった世代に初代イプサムSXM/CSM型は取り入れられたのです。

また1998年に長野で冬季オリンピックがかいさいされ、スノーレッチデザインのイプサムは、オリンピック公式カーとして採用されています。

3列シートを持つミニバンとしては、やや手狭な印象があった初代イプサムSXM/CSM型ですが、トヨタにとっては新たなカテゴリーの車種として、販売はまずまずだった用です。

その後2001年になると、イプサムはフルモデルチェンジを受けてACM21W/26Wへと進化していきます。

スポンサードリンク

2世代目となるイプサムはライバルであるホンダのオデッセイへの対抗から、3ナンバーサイズへシフトしてきます。

それにあわせてエンジンは2AZ-FE型となり、直列4気等で2400ccへとアップされています。初代に比べると格段に室内サイズが広がり、イプサムは3ナンバーの堂々たるミニバンになるのです。

イプサムACM21W/26Wには、一時期6人乗りの設定がありましたが、販売が芳しくない為なのか現在は7人乗りに統合されています。

ロゴも初代のipsumからIPSUMに変更され、初代の大衆車的なイメージからは、一クラス上のデザインになっています。

現在のイプサムはライバルと謳われるホンダのオデッセイに比べると、販売面では丁重なイメージ。

それでもトヨタは環境性能をアップしたり、イプサムには一定の進化を与えています。

今後はトヨタのミニバン車種として、イプサムが継続的に販売されえるのか?フルモデルチェンジから8年経ち、トヨタがイプサムをどのように扱うのかには、注目したいと思います。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ウィッシュはストリームの対抗車種
トヨタのウィッシュ(WISH)は、ホンダのストリームへの対抗車種として捕らえられ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのミニバンとワンボックスカー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/minivan/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。