エスティマハイブリッド初代モデル

エスティマには2世代目のモデルに、ミニバンで初となるハイブリッドカーが誕生します。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

初代エスティマハイブリッドは、THS-CというCVTを使ったモデルで前輪をエンジン、後輪をモーターが駆動します。

つまりエスティマハイブリッドは、四輪駆動モデルでありミニバンにSUV的な要素を持たせたのです。

またAC100ボルトのコンセントを装備して、最大で1500ワットの電力も利用できる便利さも兼ね備えます。

この4WDシステムはE-Fourと呼ばれ、燃費は10・15モード18.0Km/L(マイナーチェンジ後は18.6Km/L)。

エンジンは2AZ-FXE型の2.4Lですから、エスティマのようなフルサイズミニバンとしては、燃費は上々です。

しかし実走してプリウスの燃費と比べると、「期待したほどでもなかった」というオーナーも多かったのです。

スポンサードリンク

それでも初代エスティマハイブリッドは、大型ミニバンとして考えれば低燃費のクルマ。

トヨタはアルファードにも同じシステムを与え、燃費のよいフルサイズミニバンとして販売しています。

しかし実際には燃費よりも、本来はレクサスのハイブリッドカーのような出力向上がメインだったのかもしれません。

まずモーターの駆動力は加速時など、ガソリンのみのクルマより格段に性能は上がります。

当時のエスティマには、V6の3.0Lが存在しますが、同等の動力性能を持っていたとか。

初代エスティマハイブリッドは、燃費よりも走りの性能をアップする方向にむけた自動車。

そういった意味ではエスティマハイブリッドは、プリウスとは別次元のベクトルを持っていたのでしょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

エスティマTCR型の歴史
エスティマの初代型(TCR)は、1990年から2000年にかけて生産されました。......
エスティマルシーダとエスティマエミーナ
エスティマの初代型(TCR)には、子エスティマと呼ばれる、ルシーダとエミーナが存......
エスティマ2代目(ACR/MCR)
トヨタエスティマの2代目モデルはACR型/MCR型で、2000年にデビューを果た......
エスティマ3代目(ACR・GSR)
エスティマの3代目はACR/GSRで、2006年1月16日から販売されています。......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのミニバンとワンボックスカー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/minivan/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。