ハイエース初代-2代目

トヨタハイエースの初代は1967年から1977年まで製造されています。あまり目立ったモデルではなく、現在のハイエースのようなワンボックスカーの定番とは行かなかったようです。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

2代目となったハイエースは、1977年から1985年まで製造されます。初代型から引き継がれた15人乗りのコミューターも存在し、救急車仕様としてもトヨタ救急車の名で発売されています。

ハイエースが1977年2月2代目にフルモデルチェンジして初代型と大きく変わったのは、ライトが丸型4灯から丸型2灯ライトに変更となったことです。

2代目ハイエースのワゴンは、9人乗りがカスタム、デラックス、スタンダードの各グレード。また10人乗りはデラックスだけの設定です。カスタムには当時のワンボックスで唯一、パワーウインドウが注文装備できました。

トヨタのハイエースと言えば豊富なボディ形状が挙げられるワンボックスカーですが、当時はバンに3種類のホイルベースが用意されていました。シリーズ初となる、1ナンバー登録のスーパーロングバン存在しています。

スポンサードリンク

また12人と15人乗りのミューターと呼ばれる、2ナンバー登録となるマイクロバスも存在しました。初期は3種類のホイルベースがあリましたが、1980年のラインナップ見直後はスーパーロング15人乗りのみとなっています。

1979年7月にはL型の2200ccディーゼルエンジンが搭載車が追加されています。クラウンに先行搭載されていたエンジンでしたが、日本のワンボックス商用車で初のディーゼルエンジン車となっています。

1980年からのハイエースの中期型では、ワゴンにスーパーカスタムモデルが設定されます。 後期型の1981~82年モデルになると、ワゴンは丸型2灯から角目ライトに変更されています。

さらにワゴンのデイーゼルエンジン搭載車には、オーバードライブつきの4速オートマチック車が追加されます。これによりディーゼルの経済性がされらに向上しています。

またバンの上級グレードとして新たにGLが追加され、ワンボックスカーが現在のミニバンのように、より高級化されたバージョンともいえます。

当時は吊り下げクーラーが主流でしたが、ハイエースは全車にエアコンがオプションで設定されています。 またバンとワゴン以外にトラックがあり、こちらは1985年8月まで2代目モデルが引き続いて生産されました。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ハイエースとは
ハイエース(HIACE)はトヨタ自動車が生産しているいるキャブオーバー形状の車体......
ハイエース3代目(H50H60H70系)
ハイエースの3代目モデルはH50、H60、H70系です。1982年12月に発表さ......
ハイエース4代目(H100系)
ハイエースの4代目モデルはH100系で、1989年にデビューした後2004年まで......
ハイエース5代目(H200系)
ハイエースの5代目はH200系で、長期モデルH100系を引き継いで2004年に登......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのミニバンとワンボックスカー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/minivan/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。