ハイエースとは

ハイエース(HIACE)はトヨタ自動車が生産しているいるキャブオーバー形状の車体を持つワンボックスカーです。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

またモデルラインナップには、ワゴン、ライトバン、マイクロバス(コミューター)、小型トラックといった、各種の車種が存在していました。

ハイエース(HIACE)の初代モデルは1967年に登場しているので、現在でもその名を引き継ぐことは歴史ある車種と言えます。

最近ではミニバンとしてアルファードやエスティマに地位を譲っていますが、キャブオーバーの広い車内を持ち、今でも根強い人気を誇っています。

ハイエース(HIACE)はかつて、標準ボディやトラックもラインナップされていましたが、現在トラックはライトエースに引き継がれて消滅しています。

ライバルは日産自動車が製造するキャラバンですが、コチラもワゴンの主役はエルグランドに譲っています。またハイエースはもタクシーや救急車、寝台車などとしても幅広く利用されています。

トヨタ・ハイエースは個人ユーザーに、趣味の道具を運ぶ車としても重宝されていてます。競技用オートバイ(ロードレーサー・モトクロッサー)やラジコン飛行機などを運ぶ車として使う人も多いようです。

スポンサードリンク

このような自動車の使い方をトランスポーター(通称:トラポン)と呼び、ハイエース(HIACE)を利用する人が多いようです。またバニングやキャンピングカーのベース車としても、たいへん重宝されています。

他にも工事を取り扱う業者間でも人気があり、ハイエースオーナーの中には「一度乗ると手放せない。」人も多いようです。

ハイエース(HIACE)の1989年に登場したモデルは、何度もマイナーチェンジを繰り返したとても息の長いモデルでした。

ボディはワゴン標準、ワゴンロング、ワゴンロングミドルルーフ、グランドキャビンと呼ばれるワゴンスーパーロングハイルーフ、バン標準、バンロング、バンロングハイルーフ、バンスーパーロングハイルーフ、15人乗りのマイクロバスまであるコミューターと多岐に渡ります。

ただハイエース(HIACE)設計自体が古くフロアシフトを採用していたために、ウォークスルーもでき無かったことに不満を持つユーザーも多かったようです。

またフジテレビの人気番組あいのりでは、「ラブワゴン」として登場するなど、仲間でわいわいとドライブを楽しむにはハイエースは最適のワンボックスカーといえます。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ハイエース初代-2代目
トヨタハイエースの初代は1967年から1977年まで製造されています。あまり目立......
ハイエース3代目(H50H60H70系)
ハイエースの3代目モデルはH50、H60、H70系です。1982年12月に発表さ......
ハイエース4代目(H100系)
ハイエースの4代目モデルはH100系で、1989年にデビューした後2004年まで......
ハイエース5代目(H200系)
ハイエースの5代目はH200系で、長期モデルH100系を引き継いで2004年に登......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのミニバンとワンボックスカー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/minivan/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。