エスティマTCR型の歴史

エスティマの初代型(TCR)は、1990年から2000年にかけて生産されました。発売当初は7人乗りで、4輪独立懸架のミッドシップミニバンとして登場しています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

エスティマTCR型に8人乗りが誕生したのは、1994年8月に投入された廉価版のXグレードでした。2列目と3列目でフルフラットシートが可能になり、アウトドア派を取り込む戦略が成功しています。

このエスティマXグレードはオセアニア仕様を日本に持ち込んだもので、8人乗りで2列3列目ともにベンチシートとなり、リアサスペンションはそれまでの四輪独立懸架からリジッドとなっています。

またトヨタはTCR型エスティマの動力性能への不満を配慮して、1996年8月にスーパーチャージャーモデルを追加します。

しかしこのスーパーチャージャーを搭載したエスティマは燃費が悪く、トヨタはエスティマの燃費への不満に、今度は対応を迫られることになって行きます。

このTCRエスティマへのスーパーチャージャー搭載モデルの発表から、標準の7人乗りモデルをGグレード、Xグレード、スーパーチャージャーモデルをVグレードと変更します。

スポンサードリンク

その後TCR型エスティマはヘッドライトの変更などを経て、1998年1月にはエアロパーツを身にまとったアエラスが登場し、よりスタイリッシュになっていきます。

トヨタはエスティマTCRをその後も小変更させて、Xグレードを廃止して7人乗りのGグレードと、8人乗りのVグレードに統一。すべての親エスティマはこの変更によってスーパーチャージャー付きとなりました。

また燃費も10年排ガス規制に伴って、排ガス記号がE-からGF-Iへ変更され高速走行時の燃費向上が図られています。TCR型エスティマは長寿の自動車ですが、トヨタは大切に進化をさせ続けたということのようです。

トヨタが床下エンジンのミッドシップレイアウトといった、世界に例を見ない自動車として登場したTCR型エスティマでしたが、大型のエンジンが積めない弱点は最後まで解消できませんでした。

これはTCR型のエスティマに搭載予定だった、2サイクルエンジンが完成しなかったことに起因します。

残念ながらエスティマがミッドシップのミニバンとして君臨したのはTCR型限りとなり、2代目以降のエスティマは、FFレイアウトのミニバンになっています。

この記事のタグ

サイト内関連記事

エスティマルシーダとエスティマエミーナ
エスティマの初代型(TCR)には、子エスティマと呼ばれる、ルシーダとエミーナが存......
エスティマ2代目(ACR/MCR)
トヨタエスティマの2代目モデルはACR型/MCR型で、2000年にデビューを果た......
エスティマ3代目(ACR・GSR)
エスティマの3代目はACR/GSRで、2006年1月16日から販売されています。......
エスティマハイブリッド初代モデル
エスティマには2世代目のモデルに、ミニバンで初となるハイブリッドカーが誕生します......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのミニバンとワンボックスカー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/minivan/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。