エスティマルシーダとエスティマエミーナ

エスティマの初代型(TCR)には、子エスティマと呼ばれる、ルシーダとエミーナが存在します。子エスティマの誕生には、トヨタのライバルメーカーへの対応があったからのようです。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

エスティマTRC型がトヨタから発売されていた当時の1991年6月に、ライバルの日産はバネットセレナを発売しています。

エスティマが3ナンバーの大柄なボディを誇ったのに対して、小型車枠の5ナンバーサイズで発売された、バネットセレナは販売が好調でした。

当時の市場は3ナンバー枠の車に対して「大きすぎる」といった声が高く、5ナンバー枠の自動車のほうが圧倒的に販売台数が多かったのです。

トヨタはこれに対してエスティマの小型版として、1992年1月にトヨタ店の販売分のエスティマエミーナ(Estima・Emina)と、カローラ店販売分のエスティマルシーダ(Estima・Lucida)を発表しました。

エミーナとルシーダは、一般に子エスティマとも呼ばれています。親エスティマの前後のバンパーを変更し車幅を短縮した結果、5ナンバーサイズの小型車枠に収まっています。

スポンサードリンク

子エスティマにはディーゼルエンジン搭載車もあり、ロングツーリング派を中心に経済性の良さも人気となり、親エスティマに比べると、経済性が高いことが売れ行きのよさに繋がったのです。

ルーシーダ・エミーナの子エスティマに対して、エスティマを親エスティマと一般に言うようになり、エスティマは販売のメインを、5ナンバーサイズの子エスティマに譲る形となっていきます。

子エスティマは親エスティマのイメージを損なわない高級感が売りのため、価格的にはあまりやすくなりませんでした。

廉価版グレードのリアサスペンションは、4リンク・ラテラルロッドと、コイルスプリングを組み合わせたリジッドにする等のコストダウンも図られていましたが、それでも割高感は否めませんでした。

それでもトヨタの販売戦略は成功して、子エスティマは価格の割には販売台数を伸ばすことに成功しています。当時はいかにナンバーの持つ影響が大きかったのかが伺える事例です。

その後は子エスティマは、タウンエース/ライトエース・ノアに、トヨタの小型ミニバン販売の主役を譲ります。

それでも親エスティマ同様のミッドシップ特有の運転感覚が好まれ、今でも手放せない子エスティマオーナーは多く存在しています。

この記事のタグ

サイト内関連記事

エスティマTCR型の歴史
エスティマの初代型(TCR)は、1990年から2000年にかけて生産されました。......
エスティマ2代目(ACR/MCR)
トヨタエスティマの2代目モデルはACR型/MCR型で、2000年にデビューを果た......
エスティマ3代目(ACR・GSR)
エスティマの3代目はACR/GSRで、2006年1月16日から販売されています。......
エスティマハイブリッド初代モデル
エスティマには2世代目のモデルに、ミニバンで初となるハイブリッドカーが誕生します......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのミニバンとワンボックスカー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/minivan/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。