マークX初代(GRX120系)

マークXの初代モデルは、マークIIを引き継ぐ形で2004年に登場しています。X110系を引き継いで、GRX120系として形式を引き継いでいます。

マークXはボディの四隅にタイヤが張り出した、低重心ボディが特徴的で。その名が示すXの先にはタイヤがあり、無駄の無いセダンデザインをほうふつされます。

マークII時代に培った4ドアハードトップのスタイリッシュさを引き継ぐ、セダンデザインが特徴的なモデルです。

またトヨタはマークXに進化させる中、それまでの著列6気筒エンジンを廃止。新たにV型6気筒の直噴ガソリンエンジンに統一しています。

マークXのエンジンはGR型の2500ccと3000ccで、かつてのターボチャージされたようなとがったものではありません。

クラウンと同様に、より自然な厚みのあるトルクがあるエンジンを積み、高級車らしい重厚な走りを実現しています。

マークX初代方のGRX120系はクラウンに比べると安価で、マークII最終モデルのX110系よりスタイリッシュ。

一時はミニバンに目を向けていたような、かつてのマークIIファンにとっても、マークXはとても魅力的な自動車となったようです。

マークXのデザインで特徴的なのは、マフラーの吹き出し口をリアバンパー内に一体化したことです。

その後トヨタ系の高級セダンである、クラウンやレクサスにも採用されていますが、これにより社外パーツへの交換を防いでいるようです。

マークXは上品な高級セダンであり、大人が選ぶスポーツサルーン。おいそれとマフラー交換などせず乗っていただきたいと、トヨタが主張するかのようなデザイン画特徴的。

マークXには2007年にミニバンとして、マークXジオが誕生しています。トヨタのアッパーミドルサルーンとして、今後が注目される車種だといえるでしょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

マークIIの歴史
マークIIはトヨタのアッパークラスサルーンであり、コロナとクラウンの間に位置づけ......
マークII初代(T60系-T70系)
トヨタマークIIの初代型はT60系とT70系で、1968年9月から1971年12......
マークII2代目(X10系-X20系)
マークIIの2代目モデルはX10系とX20系で、1972年1月から1976年にか......
マークII3代目(X30系/X40系)
マークIIの3世代目モデルはX30系/X40系で1976年12月~1980年9月......
マークII4代目(X60系)
マークIIの4代目モデルはX60系で、1980年10月に登場して1984年まで生......
マークII5代目(X70系)
マークIIの5代目モデルはX70系で、1984年から1997年(セダンとハードト......
マークII6代目(X80系)
マークIIの6代目はX80系で、トヨタにとっても前世代のX70系がヒットしたこと......
マークII7代目(X90系)
マークIIの7代目はX90系で、1992年10月から1996年8月まで販売されて......
マークII8代目(X100系)
マークIIの8代目モデルはX100系で、1996年9月から2000年9月まで販売......
マークII最終型モデル(X110系)
マークII9代目はX110系で、最終型モデルとなっています。2000年から200......

▲このページのトップへ