セルシオ初代(10系)

トヨタセルシオの初代は10系と呼ばれるモデルで、1989年から1994年まで生産されています。シーマ現象から派生した、高級セダンブームの中で誕生しています。

1989年10月に記念すべき第一弾となるセルシオ10系は登場しています。キャッチコピ―は「この車から、クルマが変わります。」「トヨタ50年の歴史を超えた創造と挑戦の車、セルシオ。」「最高という名のセルシオ。」です。

搭載されたエンジンはエンジンはV8で、排気量は4000ccの1UZ-FE型。グレードはA・B・Cの3タイプで、それぞれ装備の違いにより区別されています。

セルシオ10系のサスペンションは、前後にダブルウィッシュボーン式が採用されています。AとBそれぞれの仕様にはコイルサスペンションを採用。

B仕様には路面状況を感知して、ダンパーの減衰力を通常走行時の「ハード」の設定から、瞬時に「ソフト」に切り替えてくれる電子制御サスペンション、ピエゾTEMSが搭載されています。

またC仕様には乗り心地がさらにスムーズになる、電子制御エアサスペンションが採用されています。このC仕様には、Fパッケージと呼ばれる後席の居住性を重視したパッケージがあります。

このFパッケージは個人が運転するタイプではなく、ショーファードリブンとよばれる社用車などの使い方をするためのパッケージです。

セルシオの最廉価になるA仕様は、一般のオーナードライバー向けに作られていました。しかし実際に売れているのは、トヨタの意向と違いC仕様が一番多いのです。

このC仕様が一番売れる現象は、最終型まで続いています。ちなみにセルシオのA・B・Cという基本グレード構成は統一のアイディンティティとして最終型まで受け継がれています。

またセルシオは車体そのものや、車体に貼られるエンブレムからはグレードの違いは判別できません。このあたりは他のトヨタ車と違い、特別なクルマとして作られていることを意味しているようです。

初代セルシオとなる10系は、1992年には小変更が行われました。15インチだったアルミホイールが、16インチのブレーキローターとともに採用され、外観のアップと安全性が向上。

他には時代の流れに即して、助手席エアバッグが採用されています。最近のクルマでは当たり前の装備ですが当時はセルシオクラスでやっと採用されるものだったのです。

またエレクトロニクスの採用が行なわれた時代背景から、GPS対応のエレクトロマルチビジョンも設定されています。

初代セルシオのマイナーチェンジは大きくエクステリアデザインを変えることなく、時代にあった装備の充実や安全性の向上を図る事を選んでいたのです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

セルシオの歴史
セルシオの歴史はトヨタが世界に通用する高級車部門として作ったブランド、レクサスの......

▲このページのトップへ