マークII4代目(X60系)

マークIIの4代目モデルはX60系で、1980年10月に登場して1984年まで生産されました。この60系から、4ドアハードトップが登場しています。

またトヨタは車種整理を進めていたのか、マークIIから2ドアハードトップの設定をなくしています。

エンジンは直列6気筒の1G-EU型と直列4気筒の21R-U型のガソリンエンジンが搭載されます。ほかにも直列6気筒の5M-EU(2800cc)を搭載した、高級モデルも存在しています。

マークIIはX60系からラグジュアリー色を強く出し始めますが、前期モデルにはには18R-GEU型エンジンを搭載するGTグレードが設定されていました。

80年代はターボ技術が一般的なものとなり、トヨタはマークIIにもM-TEU型エンジンを搭載する、2000ccのターボモデルを81年に追加しています。

徐々にセダンや4ドアハードトップも、ハイパワーセダンの時代へと突入していく前兆がX60系には見られます。

そして1982年のマイナーチェンジでは、それまであった2800グランデが姿を消し、ツインカム24といわれる1G-GEU型エンジンが搭載されます。

またGTグレードが廃止され、4気筒1800ccエンジンは1S-U型に変更。4MTは5MTとなりATも3速から4速に変更され、アッパーミドルサルーンとしてふさわしくなっていきます。

他にも2L-TE型ディーゼルターボ車もラインナップに加わり、経済性の面でもユーザー獲得に積極的な展開を行っています。

時代背景からトヨタはマークIIを5ナンバーで載れる、高級サルーンとして位置づけていったようです。

X60系の正式名称はコロナマークIIでしたが、CMなどもマークIIに統一されており、コロナの名称は殆ど使われていません。

また北米輸出バージョンには、クレシダワゴンが用意され人気を博していたようです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

マークIIの歴史
マークIIはトヨタのアッパークラスサルーンであり、コロナとクラウンの間に位置づけ......
マークII初代(T60系-T70系)
トヨタマークIIの初代型はT60系とT70系で、1968年9月から1971年12......
マークII2代目(X10系-X20系)
マークIIの2代目モデルはX10系とX20系で、1972年1月から1976年にか......
マークII3代目(X30系/X40系)
マークIIの3世代目モデルはX30系/X40系で1976年12月~1980年9月......
マークII5代目(X70系)
マークIIの5代目モデルはX70系で、1984年から1997年(セダンとハードト......
マークII6代目(X80系)
マークIIの6代目はX80系で、トヨタにとっても前世代のX70系がヒットしたこと......
マークII7代目(X90系)
マークIIの7代目はX90系で、1992年10月から1996年8月まで販売されて......
マークII8代目(X100系)
マークIIの8代目モデルはX100系で、1996年9月から2000年9月まで販売......
マークII最終型モデル(X110系)
マークII9代目はX110系で、最終型モデルとなっています。2000年から200......
マークX初代(GRX120系)
マークXの初代モデルは、マークIIを引き継ぐ形で2004年に登場しています。X1......

▲このページのトップへ