チェイサー(X30系-X70系)

チェイサーの歴史は、すでにトヨタのラインナップにあったマークⅡの兄弟車として始まります。チェイサーが歴史の幕を開けたのは1977年の6月、初代モデルはX30/X40系です。

マークⅡと共に2ドアのハードトップが用意され、2灯ランプでアメリカ車を意識したような個性的なデザインでした。

1980年10月には2代目モデルのX60系が発売され、チェイサーはこのときから登場したクレスタをあわせて、マークⅡ3兄弟と呼ばれるようになります。

その中でチェイサーのポジションは、よりスポーティーな高級サルーン。2ドアモデルは1世代のみで廃止されています。

そのような中でもサスペンションをハードに固め、ミシュランタイヤを装着したアバンテも登場します。

チェイサーのアバンテは、マークⅡのグランデ・クレスタのスーパールーセントが高級路線だったのに対し、若者向けのスポーティー路線を展開しています。

このチェイサーのスポーツ性と名前の由来(チェイサー=追跡者)から、日産のスカイラインをライバルとして誕生したとも言われています。

もっともX60系チェイサーはレビン/トレノなどに見られるような、トヨタが得意とする兄弟車戦略から生まれた車。それゆえに一度乗ってしまうと、マークⅡと変わらないといった声が上がります。

それでもよりスポーティーなショックアブソーバー等、走りを楽しみたい層にはアバンテをはじめとして売り上げは好調だったようです。

チェイサーは1984年になるとX70系に進化して、それまでのスポーツ路線を撤退してしまいます。

トヨタの販売店系列向けにマークⅡ3兄弟が割り振られ、チェイサーアバンテもラグジュアリー傾向が強くなります。

それでもエクステリアは全長をやや縮めるなど、チェイサーは若干のスポーツ心を残していました。

また4バルブ直列6気筒ツインカムエンジンをターボ過給した、1G-GTEUエンジンを搭載したGTツインターボも登場します。

チェイサーにはGTツインターボSというグレードがあり、5速マニュアルのみを設定しています。この辺りを見ると、チェイサーにはトヨタが若干なれどスポーツ性を残したといえます。

この記事のタグ

サイト内関連記事

クレスタ初代(X50系・X60系)
クレスタの初代型は、X50系/X60系で、マークⅡ3兄弟の一車種として、1980......

▲このページのトップへ