マークII5代目(X70系)

マークIIの5代目モデルはX70系で、1984年から1997年(セダンとハードトップは1987年まで)にかけて販売されました。

折からのバブル景気にも後押しされ、マークIIはトヨタの看板的車種としてヒットしたモデルです。

この70系から正式にコロナの冠名が取れ、トヨタ・マークIIとして正式車名となっています。

「美しき正統」がコロナからマークIIへと、キャッチコピーが与えられています。

マークIIX70系はセダンとワゴンにハードトップと呼ばれる、4ドアモデルで登場します。その中でもハードトップはCピラーがクリスタルピラーと呼ばれ、クラウンと同じようなデザインでした。

この外観の高級感がハイソカーブームに乗り、スーパーホワイトⅡの外装とワインレッドの内装は、白いマークIIとして大人気。

直列6気筒エンジンのスムーズさが4ATとマッチングして、高級車にふさわしい走りを演出していました。

マークIIのライバル車である日産スカイライン・ローレルが男性的な車であったのに対し、やや中性的な優しさを演じた車でした。

またデビューした翌年の1985年には、直列6気筒2000CCのツインカムエンジンをツインターボで加給した、1G-GTEUエンジンを搭載のGT-TWINTURBOが追加されます。これに伴いM-TEUのシングルカムターボは姿を消しています。

マークIIのツインターボは4速ATと5速マニュアルが選べたので、走りを楽しみたい人にも人気があったモデルです。

セダンにはツインターボは搭載されず、70系がハードトップ中心であったことを物語ります。

1986年8月にはマイナーチェンジが施され、1G-GEUエンジンの改良やサスペンションの見直しが行なわれます。内外装も変更を受けて、X70系は熟成を迎えます。

セダンとハードトップはX80系に進化しますが、ワゴン(GX70G)・バン(YX76V, YX78V)は1997年まで製造が続きました。

マークII70系ワゴンは角ばったデザインが人気となり、長期にわたり販売が続きました。

マークIIはこのX70系で一つの転換期を向かえ、バブル景気が生んだハイソカーブームに乗ったクルマ。

トヨタのエンジンやサスペンションの開発などが、一気に加速したモデルとも言えそうです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

マークIIの歴史
マークIIはトヨタのアッパークラスサルーンであり、コロナとクラウンの間に位置づけ......
マークII初代(T60系-T70系)
トヨタマークIIの初代型はT60系とT70系で、1968年9月から1971年12......
マークII2代目(X10系-X20系)
マークIIの2代目モデルはX10系とX20系で、1972年1月から1976年にか......
マークII3代目(X30系/X40系)
マークIIの3世代目モデルはX30系/X40系で1976年12月~1980年9月......
マークII4代目(X60系)
マークIIの4代目モデルはX60系で、1980年10月に登場して1984年まで生......
マークII6代目(X80系)
マークIIの6代目はX80系で、トヨタにとっても前世代のX70系がヒットしたこと......
マークII7代目(X90系)
マークIIの7代目はX90系で、1992年10月から1996年8月まで販売されて......
マークII8代目(X100系)
マークIIの8代目モデルはX100系で、1996年9月から2000年9月まで販売......
マークII最終型モデル(X110系)
マークII9代目はX110系で、最終型モデルとなっています。2000年から200......
マークX初代(GRX120系)
マークXの初代モデルは、マークIIを引き継ぐ形で2004年に登場しています。X1......

▲このページのトップへ