マークII6代目(X80系)

マークIIの6代目はX80系で、トヨタにとっても前世代のX70系がヒットしたことを受けて、着実に進化させているモデルです。

マークIIにとってもバブル景気に湧いていた時代が生んだ「ハイソカーブーム」がさらに加熱し、それまでの歴代モデル以上に完成度が上がったといわれています。

トヨタに限らず国内のメーカーは、バブル景気当時に自由に車をデザインしていました。

マークII80系も同じで、4ドアハードトップの全高は1375mmと歴代で一番低い数値。

もはや4ドアモデルながらも、2ドアのクーペに近いようなデザインとなっています。また全体に丸みを帯びており、まさにバブルの申し子のような車です。

そしてそのマークII80系にはトヨタ伝統の7M型(7M-GE)エンジンを搭載した、3.0グランデGも登場します。

スポーティーな走りは2000ccのツインターボに任せ、ゆったり派には優越感のあるグレードでした。

また足回りは4輪ESC(ABS)に加えて、TRCが標準で装備されるなど、クラウンと変わらないようなつくりになっています。

1990年8月にはチェイサー・クレスタのマークII3兄弟共に、1JZ-GE型と1JZ-GTE型の直列6気筒2500ccエンジンが搭載されます。

最終モデルにはヤマハコンセプトと呼ばれる、走りを極めたマークIIが登場しています。

1G-GZE型エンジンが廃止されたことによって、ボディとエンジンを含めての3ナンバーモデルとして定着しています。

このようにハードトップが進化する中、トヨタはマークIIのX80系ではセダンも着実に進歩させています。特にタクシーに多く採用され、営業車として活躍した車です。

またこのマークIIセダンはハードトップがX90系に進化しても製造が続き、製造終了後はクラウンコンフォートとセダンのベースとなっています。

なおマークIIセダンの輸出仕様であるクレシーダ(CRESSIDA)は、このX80系が最終型となっています。

この記事のタグ

サイト内関連記事

マークIIの歴史
マークIIはトヨタのアッパークラスサルーンであり、コロナとクラウンの間に位置づけ......
マークII初代(T60系-T70系)
トヨタマークIIの初代型はT60系とT70系で、1968年9月から1971年12......
マークII2代目(X10系-X20系)
マークIIの2代目モデルはX10系とX20系で、1972年1月から1976年にか......
マークII3代目(X30系/X40系)
マークIIの3世代目モデルはX30系/X40系で1976年12月~1980年9月......
マークII4代目(X60系)
マークIIの4代目モデルはX60系で、1980年10月に登場して1984年まで生......
マークII5代目(X70系)
マークIIの5代目モデルはX70系で、1984年から1997年(セダンとハードト......
マークII7代目(X90系)
マークIIの7代目はX90系で、1992年10月から1996年8月まで販売されて......
マークII8代目(X100系)
マークIIの8代目モデルはX100系で、1996年9月から2000年9月まで販売......
マークII最終型モデル(X110系)
マークII9代目はX110系で、最終型モデルとなっています。2000年から200......
マークX初代(GRX120系)
マークXの初代モデルは、マークIIを引き継ぐ形で2004年に登場しています。X1......

▲このページのトップへ