マークII最終型モデル(X110系)

マークII9代目はX110系で、最終型モデルとなっています。2000年から2004年まで生産され、まさに20世紀から21世紀にかけて販売されたマークIIです。

トヨタにとってもこの頃はボディ剛性、衝突安全性に開発を傾けていた時代。マークIIの美しさの象徴であった、4ドアハードトップではなく、X110系は4ドアセダンとなってしまったのです。

しかもシャシはクラウンと共通となり、最終モデルのマークIIは不遇のモデルとなってしまいます。

ハイソカーブームに乗り、白いマークIIとしてもてはやされた過去の栄光はなく、後にマークXへ引き継がれる谷間のモデルといえるでしょう。

それでもエンジンはVVT-i化された、1G-FE、1JZ-FSE、1JZ-GE、IJZGTEを搭載。最新の心臓部を与えられ、その走りは一級品でした。

しかしクラウンがゼロクラウンとして進化成功していくのに対して、マークIIはこの世代が最後。

ミニバンの陰でマークIIは、ひっそりとその名前に幕を下ろすのはあまりにもかわいそうといった感じでした。

トヨタがどういった気持ちでマークIIの最終モデル、X110系を開発したのかは不明です。しかし販売ターゲットなどもあまり明確では無いような気がします。

またチェイサーやクレスタがすでにヴェロッサに移行し、マークIIだけが取り残されたような形で新型に移行。X110系はマークII3兄弟にとっても、最後の砦だったのです。

せめてマークXに移行する前の最終モデルとして、マークIIは最後まで4ドアハードトップを守り続けて欲しかった。そういったファンも多かったはず。

トヨタが量産車メーカーであるが為に、時代に合わせてマークIIをセダンにするしかなかったのかもしれません。

今ではスポーツカーから撤退したように、トヨタがマークIIのハードトップを廃止したことは、とても残念でした。

いずれにしても長きに渡り受け継がれたマークIIの名前は、このX110系で最後となりました。ややあっけない印象を持つのは、私だけではないと思うのですが...。

この記事のタグ

サイト内関連記事

マークIIの歴史
マークIIはトヨタのアッパークラスサルーンであり、コロナとクラウンの間に位置づけ......
マークII初代(T60系-T70系)
トヨタマークIIの初代型はT60系とT70系で、1968年9月から1971年12......
マークII2代目(X10系-X20系)
マークIIの2代目モデルはX10系とX20系で、1972年1月から1976年にか......
マークII3代目(X30系/X40系)
マークIIの3世代目モデルはX30系/X40系で1976年12月~1980年9月......
マークII4代目(X60系)
マークIIの4代目モデルはX60系で、1980年10月に登場して1984年まで生......
マークII5代目(X70系)
マークIIの5代目モデルはX70系で、1984年から1997年(セダンとハードト......
マークII6代目(X80系)
マークIIの6代目はX80系で、トヨタにとっても前世代のX70系がヒットしたこと......
マークII7代目(X90系)
マークIIの7代目はX90系で、1992年10月から1996年8月まで販売されて......
マークII8代目(X100系)
マークIIの8代目モデルはX100系で、1996年9月から2000年9月まで販売......
マークX初代(GRX120系)
マークXの初代モデルは、マークIIを引き継ぐ形で2004年に登場しています。X1......

▲このページのトップへ