スープラ3代目(A70系)

スープラの3代目モデルはA70系で、1986年にデビューして1993年まで販売されました。トヨタは日本でもこの世代から、セリカXXの車名をスープラに改めています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

トヨタはそれまでセリカの上級車種として6気筒エンジンを搭載し、セリカXXの名前で販売をしていました。しかしアメリカでは成人映画をあらわすXX表記が嫌われ、スープラの車名でデビューしていたのです。

日本でもこの世代からスープラになったのは、すでにセリカとはコンセプトが変わってしまったからとも言えるでしょう。

A70系スープラはソアラとプラットフォームを共有していますし、エンジンも7M-GTU型の3.0L直列6気筒ターボが最上級車種には搭載されています。

まさにスポーツカーというよりもGTカーといった印象で、事実トヨタはスープラのキャッチコピーを「TOYOTA3000GT」としています。

セリカはレビン・トレノを大人にしたラグジュアリーなスポーツカー、スープラはソアラと共に大人のGTカーといった位置付けがされていたようです。

もっともエクステリアはGA60/MA60系のキープコンセプトタイプで、ソアラに比べるとスポーツカーとしてのデザイン主張がかなり色濃くなっています。

また3.0Lモデルには輸出仕様と同じブリスターフェンダーの、3.0GTリミテッドも登場。スープラは、本格的なワイドボディー化が進められます。

スポンサードリンク

そして1989年8月にはワイドボディが1G-GTEエンジン搭載車にも登場し、3.0LターボにはTEMS(電子制御のダンパー)を省略するなど、廉価版というよりも走りにふった3.0GTターボSも登場します。

A70系スープラは最終型とも言える頃になると、税制を配慮して作られた2.5Lエンジンも搭載されます。

マークⅡでもお馴染みの1JZ-GTEツインターボで、280馬力を誇るトヨタの名機が搭載されたのです。

このエンジンの搭載により3.0Lエンジンモデルは廃止され、スープラは2.0Lと2.5Lエンジンに統一されます。

まさに当時のマークⅡ3兄弟と同じ構成になり、量産メーカーのトヨタらしいラインナップといえるでしょう。

またグループAに参戦するため、7M-GTEのターボAが発売されたこともありました。レースではデビューウィンを飾りましたが、その後は設計の古い7M型だけに、苦戦を強いられていました。

やはりA70系のスープラと言えば、最終モデルのターボRに人気があるようです。今でも中古車市場で見かけると、高額な取引がされています。

A70系スープラはトヨタが作ったGTカーであり、スポーツカーとしてのエクステリアはまさに定番デザイン。

A70系スープラの持つ美しさには、トヨタもこのような遊び心のあるスポーツカーを作っていたのだと、思わず感心させられます。

この記事のタグ

サイト内関連記事

スープラの歴史
トヨタ・スープラの歴史は1977年の東京モーターショーで参考出品され、翌年の19......
スープラ初代(セリカXX/MA40系)
初代トヨタスープラはMA40系で、1978年から1981年にかけて生産されていま......
スープラ2代目(セリカXX・GA60系/MA60系)
スープラ(国内ではセリカXX/セリカダブルエックス)の2代目モデルはGA60/M......
スープラ4代目(A80系)
トヨタスープラのA80系は1993年にデビューし、改良を重ねながら2002年まで......

▲このページのトップへ