セリカ最終モデル7代目(ZZT203型)

セリカの7代目はZZT230型で、1999年から2006年まで販売され、最終型のモデルとなっています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

トヨタにとってはスポーツカー需要が少なくなり、このZZT230型をもってセリカの歴史を終了させています。

デザインはロングホイールベースにショートオーバーハングが特徴的。
それまでの丸みを帯びたデザインから、シャープなデザインへと変更されています。

またセリカといえばGT-Fourが気になるところでしたが、最終モデルはFFのみ。
エンジンも2000ccから1800ccへと変更されています。

ZZT230型にはコンバーチブルモデルも存在せず、それまでのセリカを考えると
グレード展開が大きく変わっているのが特徴です。

それでもセリカはスポーツカーとして設計された車であり、2ZZ-GE型エンジンはVVTL-iのおかげで、190馬力を発生しています。

VVTL-iは連続可変バルブタイミング・リフト機構のことで、過給器を使わずとも高出力を発生することが可能になったのです。

スポンサードリンク

そして何よりもセリカにとってというか、トヨタのライトウェイトスポーツにとって、大きな節目になったのもZZT230型なのです。

それは一クラス下の存在であった、カローラレビン/スプリンタートレノが、セリカに統合されたことです。

ST200型よりもボディが小型化されたり、GT-Fourが廃止されたのは、そういったトヨタの事情もあったのでしょう。

セリカにはレビン/トレノの分も頑張ってもらわなければならなかったのですが、残念ながら層も行かなかったのです。

そのような中でセリカは2006年4月に生産を終了し、約35年間続いたスポーツカーの歴史に幕を下ろします。

今後は富士重工の水平対抗エンジンを搭載して、トヨタがセリカを復活させるのでは?などといった憶測があるようですが、まだ公式には発表されていません。

仮に2000ccクラスのスポーツカーをトヨタが作ったとしても、セリカの名前が復活するのかどうか。

トヨタスポーツカーファンの一人としては、セリカの復活を期待したいものです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

セリカの歴史
セリカはトヨタがカローラをベースにして、比較的安価なスペシャリティーカーとして発......
セリカ初代vol.1(TA20/RA20系-TA30/RA30系)
トヨタセリカの初代型は、車両型式TA20/RA20系-TA30/RA30系です。......
セリカ初代vol.2(TA20/RA20系-TA30/RA30系)
初代セリカが誕生して5年目の1975年には、1600GTシリーズに搭載されている......
セリカ2代目(TA40/RA40系-TA50/RA50系)
セリカの2代目モデルは、TA40/RA40系-TA50/RA50系で、1977年......
セリカ3代目(TA60/SA60/RA60系)
トヨタセリカの3代目モデルはTA60/SA60/RA60系で、1981年から19......
セリカ4代目(ST160/AT160系)
セリカの4代目はST160/AT160系で、1985年から1989年にかけて販売......
セリカ5代目(T180型)
セリカの5世代目となるモデルはST180型で、1989年9月に登場します。ニュー......
セリカ6代目(T200型)
セリカの6代目となるT200型は、1993年に販売が開始され1999年まで長期の......

▲このページのトップへ