カローラレビン最終モデル7代目(AE110AE111)

カローラレビンの7代目モデルは、AE110/AE111型。レビンの最終モデルとなり、1995年から2000年に販売されています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

1972年のTE27型から始まったカローラレビンの歴史も、残念ながらAE110/AE111を持って終了してしまいます。

スポーツカーが売れなくなる時代であり、ミニバンへと自動車販売が移るにつれ、
レビンも残念ながら最終世代を迎えるのです。

もっともトヨタはピンゾロやゾロメと呼ばれるAE111型に対して、先代よりも70キロ程度の軽量化を施します。

スーパーストラットサスペンションも引継ぎつつ、黒ヘッドと呼ばれる165PSの4A-GE型エンジンを搭載されています。

レビン本来のライトウェイトスポーツカーしての面を、AE110/AE111型では主眼においてトヨタは開発していたようです。

もっとも内装が先代のレビンよりも劣るなどといわれ、それに対しては後期モデルで
AE110/AE111型に、トヨタは答えを出しています。

スポンサードリンク

市場のニーズに対していち早く反応して答えを出す、トヨタならではの量産自動車メーカーという強みなのでしょう。

またこの頃はハイパワー戦争もひと段落し、スーパーチャージャー付きのモデルは廃止されます。

グレードもGT系が廃止されて、BZ系へと統一されます。またBZ-VとBZ-Gのスーパーストラットサスペンション車は、ヘリカルLSDがMTに装備。

走りの面での充実がAE110/AE111型のレビンには施され、最後のライトウェイトスポーツカーとして、開発陣も力を注ぎます。

最終モデルではボディがGOAを採用し、安全性もさらに充実。それでもレビンを取り巻く、スペシャリティーカー市場の冷え込みは大きなもの。

2008年にカローラがE120系に進化する中、レビンはその歴史に幕を下ろしています。

20世紀にクルマを運転する楽しみを、カローラという大衆車をベースに開発されたレビン。

スポーツカーの入門もモデルとして、トヨタにはいつしか復活させてほしい車のひとつです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

カローラレビンの歴史
カローラレビンの歴史は、は1972年3月にTE27型として発売されたことから始ま......
カローラレビン初代(TE27型)
カローラレビンの初代はTE27型で、「ニーナナ」の相性で呼ばれています。1972......
カローラレビン2代目(TE37型~TE55型)
カローラレビン2世代目モデルは、TE37型からTE55型です。1974年から19......
カローラレビン3代目(TE71型)
カローラレビンの3代目モデルはTE71型で、トヨタのライトウェイトスポーツとして......
カローラレビン4代目(AE86/AE85)
カローラレビンの4代目モデルは、DOHCエンジンを搭載したAE86が主流で、SO......
カローラレビン5代目(AE91/AE92)
カローラレビン5代目はAE91/AE92型となり、先代のAE86/85のFRから......
カローラレビン6代目(AE100/AE101)
カローラレビンの6代目は、AE100/AE101型で1991年から1995年に販......

▲このページのトップへ