トヨタ2000GTのスペック

トヨタ2000GTのスペックは、当時としては日本車初のテクノロジーが多彩。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

2000GTが単純に見た目を追求したスポーツカーではなく、内的な面でも優れていたことが伺われます。

まずトヨタ2000GTのシャーシは、ジャガーやロータスでも採用されている
X型バックボーンフレームを採用しています。

現代ではモノコックが当たり前ですが、この時代はボディと別体のシャーシを採用する方法が取られていました。

トヨタ2000GTはその低重心高剛性なシャーシに、本格的な四輪独立懸架を採用しています。

しかも前後ともにコイル支持のダブルウィッシュボーンを奢っています。

まさにトヨタ2000GTは、その見た目のエクステリアデザインだけではなくて、
走りの性能でも本格的スポーツカーとして設計されていたのです。

この足回りを操るステアリングはラック&ピニオン式。

ブレーキは日本車初となる4輪ディスクブレーキを採用しています。

スポンサードリンク

2000GTのエンジンは、後にスープラやソアラにも搭載されるM型ファミリーの、3M型が採用されています。

本来直列6気筒7ベアリング式のSOHCに、ヤマハが開発したDOHCヘッドを乗せ変えた名機です。

このエンジンは現ミクニの三国工業がライセンス生産した、ソレックス型のツインキャブレターを3連装。

グロス値ながらも、150ps/6600rpmを発揮して当時としては最強の性能を誇っていたのです。

さらに5速マニュアルのトランスミッションは、フルシンクロで0-400m加速は15.9秒を実現。

最高速度は220km/hで、最高巡航速度は205km/hを誇り、200キロの壁を突破しています。

当時のレベルとしてはトヨタ2000GTのスペックは必要にして充分なもので、
カリカリにチューニングは施されていません。

これは2000GTがあくまでもロードゴーイングカーであり、
決してレーシングカーではないことに由来するようです。

スポーツカーとしての美しいデザインと、必要にして充分な性能を持ちあわせる。

トヨタ2000GTが求めたものの答えは、どうやらそこにあったようです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

トヨタ2000GTの歴史
トヨタ2000GTの歴史を紐解くと、意外なことが分かります。 実はトヨタ2000......
トヨタ2000GTは永遠の名車
トヨタ2000GTは日本がが世界に誇る名車ですが、実は開発と生産はヤマハ発動機に......

▲このページのトップへ