ソアラ初代(Z10系)

ソアラの初代Z10系は、セリカXXとプラットフォームを共用するスポーツクーペとして、1981年に登場しています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

初代ソアラの開発で忘れてはいけないのは、白洲次郎氏のアドバイスと言われいます。この事実はソアラ開発責任者である岡田氏が、後に公式の見解として認めています。

1980年に開催された大阪国際モーターショーでは、モデル名EX-8として参考出品されていました。かなり好評を獲ていたショーモデルで、トヨタはほぼ同じデザインで、ソアラとして発表したのです。

1983年9月にはクラウンがフルモデルチェンジされて、2ドアハードトップがなくなりました。それによりトヨタのラインナップが整理され、ソアラはクラウンに換わる2ドアクーペの最上級車種になったのです。

ソアラ10系が発売された時のキャッチコピーは「未体験ゾーンへ」。まさにそれまでの国産車を凌ぐような、スタイルを持ち、装備や走行性能も優れた能力を発揮しています。

特に内装の装備面では、マイコン式オートエアコンを採用。80年代当初としては、最先端のカーエレクトロニクスを取り入れています。

その中でも10系ソアラで話題になったのは、「エレクトロニック・ディスプレイメーター」でしょう。

デジタル表示のスピードメーターと、発光ダイオードによるグラフィック表示のタコメーターは、とても斬新なものでした。またソアラは第2回目の日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞しています。

スポンサードリンク

ソアラZ10系に搭載されたエンジンは、5ナンバー用が125psの直列6気筒2000ccの1G-EU型。後に160psの直列6気筒2000ccにターボが付いたM-TEU型が搭載されています。

3ナンバー用には、170psの直列6気筒DOHC2800ccの5M-GEU型を搭載。このエンジンは国産車初の、大排気量のツインカムエンジン。当時は日産がフェアレディZにSOHCを搭載していた事と比較し、トヨタのファンを喜ばせたものでした。

10系ソアラの上級グレードは、足回りに4輪独立懸架+4輪ベンチレーテッドディスクブレーキを採用しています。これはトヨタ・2000GT以来と謳われたて、セールスのアピールポイントにもなっています。

またソアラは進化の過程で、電子制御サスペンション「TEMS」を採用。電子制御はエンジンや内装にとどまらず、足回りにまで採用されています。

マイナーチェンジからは2000ccの1Gエンジンが1G-GEU型となり、160psの直列6気筒のDOHCへと進化。5M-GEU型は190psを発生する、3000ccの1直列6気筒DOHCの6M-GEU型へ進化します。

まさに10系ソアラは高速クルージングを楽しめる国産クーペとして、ハイパワー化の波を作った車とも言えそうです。

ソアラ10系のグレードは下からVI、VII、VX、VR、VRターボ、2000GT、2800GT、2800GTエクストラ、3000GT、3000GTリミテッドで、搭載されるエンジンと装備で区別されています。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ソアラの歴史
ソアラはハイソカーブームに乗り、セリカXXのプラットフォームを利用して1981年......
ソアラ2代目(Z20系)
マークIIの2代目モデルはX10系とX20系で、1972年1月から1976年にか......
ソアラ3代目(Z30系)
ソアラの3代目モデルはZ30系で、1991年から2001年に生産されています。2......

▲このページのトップへ