カローラレビン初代(TE27型)

カローラレビンの初代はTE27型で、「ニーナナ」の相性で呼ばれています。1972年から1974年に製造された車で、トヨタのライトウェイトスポーツとして人気を得ています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

初代カローラレビンは1972年3月に登場します。その当時のカローラには、クーペの「SL」や「SR」が存在していましたが、レビンはよりスポーティな「ホットモデル」として誕生しています。

ベースはカローラなれども、走りの性能は別次元の車を目指して開発されたのが、TE27型のカローラレビンなのです。

しかもベース車両が大衆車のため、必要以上に高価格にならないスポーツカー作りを、トヨタが作り出した頃でもあったようです。

すでに発売されていたカローラのクーペモデルとの差別化を図るために、カローラレビンは高性能バージョンとして、よりホットな味付けのモデルとして登場しています。

カローラクーペとの外見上の区別ポイントは、樹脂製オーバーフェンダー(生産時期によっては金属製)を持つことです。レビンは走りの性能を、オバフェンをつけることでもアピールしていたのです。

スポンサードリンク

初代カローラレビンに搭載競れたエンジンは、セリカ1600GTから移植された2T-G型1600cc4気筒DOHC。

当時としてはかなり高性能なエンジンで、TE27型のレビンがいかに優れた運動性能を持っていたかを物語っています。

またカローラレビンのエンジンは2種類設定されており、レギュラーガソリン仕様の2T-GR型(110ps)とハイオクガソリン仕様の2T-G型(115ps:グロス)が存在しています。

1973年4月のマイナーチェンジには「レビンJ」が追加されています。エンジンはツインキャブの2T-B型 1600cc OHVエンジン(105ps)となり、ややマイルドな味付けになっています。

レビンJのJは「ジュニア」をあらわしアルファロメオ・ジュリアなどをモチーフにした世です。またカローラレビンの姉妹車である、スプリンタートレノにも同様のモデルが発売されています。

この記事のタグ

サイト内関連記事

カローラレビンの歴史
カローラレビンの歴史は、は1972年3月にTE27型として発売されたことから始ま......
カローラレビン2代目(TE37型~TE55型)
カローラレビン2世代目モデルは、TE37型からTE55型です。1974年から19......
カローラレビン3代目(TE71型)
カローラレビンの3代目モデルはTE71型で、トヨタのライトウェイトスポーツとして......
カローラレビン4代目(AE86/AE85)
カローラレビンの4代目モデルは、DOHCエンジンを搭載したAE86が主流で、SO......
カローラレビン5代目(AE91/AE92)
カローラレビン5代目はAE91/AE92型となり、先代のAE86/85のFRから......
カローラレビン6代目(AE100/AE101)
カローラレビンの6代目は、AE100/AE101型で1991年から1995年に販......
カローラレビン最終モデル7代目(AE110AE111)
カローラレビンの7代目モデルは、AE110/AE111型。レビンの最終モデルとな......

▲このページのトップへ