セリカ初代vol.2(TA20/RA20系-TA30/RA30系)

初代セリカが誕生して5年目の1975年には、1600GTシリーズに搭載されている2T-Gエンジンが、昭和50年排出ガス規制の対象になります。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

セリカにはすでに適合車が追加された事もあり、マイナーチェンジが行なわれることになったのです。このモデルチェンジで一番特徴になるのは、ボディサイズの変更がです。

内訳は全長25mm、全幅で10mm、ホイールベースが70mm、フロントトレッドが50mmずつ延長されて、一回り大きくなっています。

これはセリカよりも下のクラスである、カローラレビン/スプリンタートレノとの差別化を意味する事でもあったのかもしれません。

最近でもヴィッツが初代から2代目になるときに大型化したように、モデルチェンジで車体が大きくなる事は、この当時からあったようです。

スポンサードリンク

1976年になると2000GTと2000GTVを対象に昭和51年排出ガス規制に適合したモデルがセリカに追加されます。このモデル追加と共に、リフトバックには衝撃吸収バンパーを採用したグレードも誕生します。

現在は安全ボディが当たり前ですが、当時のバンパーは車体保護を目的としたもの。衝撃吸収バンパーは乗員の安全を保つものであり、現在の安全ボディ設計へと繋がっています。

初代セリカのモデル末期となる1977年には、ブラックセリカが特別仕様車として登場。この最終型の時点で車両形式がTA30系に統一されています。

初代セリカのレースでの活動は、1972年-1973年に、WRCのGroup 2への参加が挙げられます。

最高出力を135psまで上げたTA22型で参戦して結果はRACラリー9位と、当時としてはまずまずの実績を残しています。

また1976年からトヨタは、RA20型をベースにした車両を用意します。こちらは1978年まで参戦して、エンジンは独シュニッツァー社が18R-Gを1968ccにボアアップして製作。最高出力は200psを誇りました。

この記事のタグ

サイト内関連記事

セリカの歴史
セリカはトヨタがカローラをベースにして、比較的安価なスペシャリティーカーとして発......
セリカ初代vol.1(TA20/RA20系-TA30/RA30系)
トヨタセリカの初代型は、車両型式TA20/RA20系-TA30/RA30系です。......
セリカ2代目(TA40/RA40系-TA50/RA50系)
セリカの2代目モデルは、TA40/RA40系-TA50/RA50系で、1977年......
セリカ3代目(TA60/SA60/RA60系)
トヨタセリカの3代目モデルはTA60/SA60/RA60系で、1981年から19......
セリカ4代目(ST160/AT160系)
セリカの4代目はST160/AT160系で、1985年から1989年にかけて販売......
セリカ5代目(T180型)
セリカの5世代目となるモデルはST180型で、1989年9月に登場します。ニュー......
セリカ6代目(T200型)
セリカの6代目となるT200型は、1993年に販売が開始され1999年まで長期の......
セリカ最終モデル7代目(ZZT203型)
セリカの7代目はZZT230型で、1999年から2006年まで販売され、最終型の......

▲このページのトップへ