セリカ2代目(TA40/RA40系-TA50/RA50系)

セリカの2代目モデルは、TA40/RA40系-TA50/RA50系で、1977年から1981年にかけて生産されています。1977年8月にフルモデルチェンジされて登場し、初代と同じようにカリーナと共通のフロアパンを採用しています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

ボディタイプは2ドアクーペと、リフトバック(LB)と呼ばれる3ドアボディの組み合わせとなっています。ただし初代がいずれもセンターピラーレスのハードトップだったのに対して、センターピラーをもっています。

トヨタがセリカに与えたキャッチコピーは「友よ、答えは風の中にあった」です。1978年3月にセリカは日本車初となるサンルーフを、リフトバックに追加モデルとして発売します。

翌79年の4月には上級版のセリカXX(ダブルエックス)MA40系が登場。北米市場ではZの対抗車種となり、スープラの名前で販売されます。

1979年にはマイナーチェンジを行ない、フロントグリルが変更されてヘッドライトが角型4灯になるフェイスリフトを受けます。

この当時セリカのライバルと謳われた日産・スカイラインは、自動車排出ガス規制の影響でDOHCをあきらめ、SOHCエンジンを搭載する事になります。

この事実を受けてトヨタは、スカイラインがGTを名乗っていた事に比較広告を打ちます。

スポンサードリンク

そのときのキャッチコピーは、「名ばかりのGT達は、道をあける。」。セリカにはDOHCが搭載されていることを、強くアピールしています。

これに対して日産は、1980年にはスカイラインにターボモデルを設定。トヨタセリカに対して、「今、スカイラインを追うものは誰か」のキャッチコピーで応酬しています。

1980年1月にはフロアパンを共有するカリーナの兄弟車として、4ドアセダンのセリカカムリが発表されます。セリカの名前を持つ、スポーツセダンが登場するのです。

1980年8月にはGT系モデルのリアサスペンションが、4リンクコイルリジッド式からセミトレーリングアーム式に変更。これはセリカダブルエックスと同じ手法です。

しかしこのサスペンションは熟成されたセッティングではなかったようで、トラクションの係りが良くない、テールスライドでドリフトさせたときのコントロール性に乏しいといわれています。

この世代からセリカはWRCのGroup 4に参戦しています。1978年の1000湖ラリーがデビュー戦で、最高出力230psを誇る、RA40型を投入しています。

1979年になると、RACラリーにもDOHC4バルブのエンジン使用が許可されます。このルールを受けて、セリカのラリーベース車両はRA63型に移行しています。

そして約3年後の1981年には、アイボリーコーストラリーで、最高位となる準優勝を飾っています。

この記事のタグ

サイト内関連記事

セリカの歴史
セリカはトヨタがカローラをベースにして、比較的安価なスペシャリティーカーとして発......
セリカ初代vol.1(TA20/RA20系-TA30/RA30系)
トヨタセリカの初代型は、車両型式TA20/RA20系-TA30/RA30系です。......
セリカ初代vol.2(TA20/RA20系-TA30/RA30系)
初代セリカが誕生して5年目の1975年には、1600GTシリーズに搭載されている......
セリカ3代目(TA60/SA60/RA60系)
トヨタセリカの3代目モデルはTA60/SA60/RA60系で、1981年から19......
セリカ4代目(ST160/AT160系)
セリカの4代目はST160/AT160系で、1985年から1989年にかけて販売......
セリカ5代目(T180型)
セリカの5世代目となるモデルはST180型で、1989年9月に登場します。ニュー......
セリカ6代目(T200型)
セリカの6代目となるT200型は、1993年に販売が開始され1999年まで長期の......
セリカ最終モデル7代目(ZZT203型)
セリカの7代目はZZT230型で、1999年から2006年まで販売され、最終型の......

▲このページのトップへ