スープラ初代(セリカXX/MA40系)

初代トヨタスープラはMA40系で、1978年から1981年にかけて生産されています。この当時日本では、セリカXX(セリカダブルエックス)の名で、セリカの上級版として売られています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

スープラは実際に発売される前の1977年に、東京モーターショーで参考出品されています。当時はセリカのTA40/RA40系をロングノーズ化してM型の直列6気筒エンジンを搭載したものでした。

どちらかと言えばスポーツカーと言うよりも、ラグジュアリークーペといったいでたちで、内装も非常に豪華なデザインとなっています。

この初代型のセリカダブルエックスはマークIIの2ドアなどと共に、後にトヨタがハイソカーブームを巻き起こす、ソアラに続くものであったのかもしれません。

本来北米でもセリカXXとして発売されるはずだったのですが、XXが成人指定映画の意味を持つためにスープラとなったそうです。

日本では3世代目からがスープラとなりますが、この当時は「ダブルエックス」の響きが受けていたのは皮肉な出来事であったのかもしれません。

スポンサードリンク

スープラ(セリカXX)に搭載されたエンジンは、2000ccのM-EU型と2600ccの4M-EU型です。いずれも直列6気筒のSOHCエンジンで、高級感のある走りを実現しています。

またオプションでスライディングルーフが用意されたり、トヨタ車ではクラウンとともに初となる4速ATが採用されています。

このスペシャリティーカーとしての装備の充実は、初代スープラを北米を中心としたクーペ市場での販売意識した、トヨタの戦術なのでしょう。

初代スープラ(セリカダブルエックス)は1980年にマイナーチェンジします。

リアサスペンションが、4リンク/コイルスプリングのリジッドアクスル式からセミトレーリングアーム/コイルスプリングの独立懸架式となります。

またエンジンも2600ccの4M-EU型にかわり、2800cc直列6気筒SOHCの5M-EU型が搭載されています。更なる進化を遂げたスープラですが、マイナーチェンジ後はわずか7ヶ月のみの販売だったのです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

スープラの歴史
トヨタ・スープラの歴史は1977年の東京モーターショーで参考出品され、翌年の19......
スープラ2代目(セリカXX・GA60系/MA60系)
スープラ(国内ではセリカXX/セリカダブルエックス)の2代目モデルはGA60/M......
スープラ3代目(A70系)
スープラの3代目モデルはA70系で、1986年にデビューして1993年まで販売さ......
スープラ4代目(A80系)
トヨタスープラのA80系は1993年にデビューし、改良を重ねながら2002年まで......

▲このページのトップへ