ソアラ3代目(Z30系)

ソアラの3代目モデルはZ30系で、1991年から2001年に生産されています。20世紀最後のソアラが、この30系でした。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

Z30ソアラは、Z10系からZ20系がキープコンセプトであったのに対し、エクステリアデザインを刷新しています。ソアラの名前だけ継承した、まるで別物の高級スポーツクーペとなったのです。

まさにバブル経済末期の、自動車メーカーが行き過ぎたデザインに明け暮れた当時の自動車でもあるのです。

保守的なデザインが多いトヨタにしても、ソアラのデザインは驚くほどの斬新過ぎるものを選んだようです。

ボディサイズも3ナンバー専用となり、直線基調から曲線基調へ変更。エンジンはV型8気筒DOHCで260PSを発揮する4000ccの1UZ-FE型と、直列6気筒DOHCツインターボで280馬力を発揮する2500ccの1JZ-GTE型を搭載。

このエンジンバリエーションとボディの大きさからも、Z20系とはまるで別物の自動車になったといえます。

ソアラZ30系の前期モデルの足回りには、アクティブサスペンションが採用されています。このサスペンションはコーナーリング時でもほとんどロールしないものでした。

スポンサードリンク

トヨタはZ20系までのソアラを、日本市場で高級クーペとして販売していたのですが、Z30系からはレクサスのモデルとして北米での発売を開始しています。

それまで日本を主戦場としたソアラですが、北米での販売が中心となったのです。そのためにCALTYと呼ばれる、カリフォルニアのトヨタデザインセンターでデザインされています。

アメリカではLEXUS SCとして発売され、北米を中心とした市場で評判は上々だったようです。

しかし国内ではそれまでソアラを所有していた層からは決して受け入れられることはありませんでした。

もっともZ10系、Z20系を乗り継いだソアラオーナーとは別の層に、Z30系の個性的なデザインにコアなファンがついたのも事実です。

現在でも中古車市場では、1996年8月以降の通称3型と呼ばれるモデルが人気になっています。

ソアラは元々が高級クーペですから、装備や質感は高く中古車市場でも一定の人気を得ています。

Z30系ソアラはマイナーチェンジを繰り返しながら、約10年と言う長いモデルサイクルの車となりました。スポーツクーペの中でも国産車にない迫力を持ち、独自の路線を貫いた車でした。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ソアラの歴史
ソアラはハイソカーブームに乗り、セリカXXのプラットフォームを利用して1981年......
ソアラ初代(Z10系)
ソアラの初代Z10系は、セリカXXとプラットフォームを共用するスポーツクーペとし......
ソアラ2代目(Z20系)
マークIIの2代目モデルはX10系とX20系で、1972年1月から1976年にか......

▲このページのトップへ