セリカ4代目(ST160/AT160系)

セリカの4代目はST160/AT160系で、1985年から1989年にかけて販売されています。トヨタはこのセリカから駆動方式をFFに改めています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

セリカのようなスポーツカーは、本来FRのレイアウトが取られており、AE86時代まではカローラレビン・スプリンタートレノもFRでした。

それにたいしてセリカはいち早くコロナ・カリーナのフロアパンをベースに、FFレイアウトとなってしまったのです。

かつてDOHCでなければGTは語れないといっていたセリカが、いつしかFRを捨てることになったのは何とも皮肉な結果と言えます。

デザインは流面形と呼ばれる曲線を強調したラインで、トヨタはセリカST160/AT160系をスポーツカーと言うよりもファッショナブルなGTクーペとして開発したようです。

実際にこの当時はデートカーと呼ばれる車がヒットし、トヨタのセリカ、ホンダのプレリュード、日産のシルビア、この3車のいずれかがヒットする流れになっていました。

スポンサードリンク

もっともトヨタはセリカに走りの心を注がなくなったわけではなく、1986年にはベベルギア式のフルタイム4WDを開発。2000CCのツインカムターボを搭載した、GT-FOUR(ST165型)をデビューさせています。

このST165型セリカGT-FOURを、トヨタは1988年にWRCに登場させます。ラリーマシンとして、セリカはモータースポーツにデビューするのです。

1990年にはカルロス・サインツをドライバーに向かえ、日本車初のドライバーズタイトルを獲得しています。

このときWRCに参戦するにあたってX-TRAC製6速ミッションが用意されるなど、トヨタは万全の体制での勝利だったのです。

また当時はスキーブームになりセリカGT-FOURに乗り、カップルでスキーに行く若者も多く存在しました。映画「私をスキーに連れて行って」で、白いGT-FOURが採用された効果のようです。

それを見ても分かるように、ST160/AT160系のセリカはデートカーとしての人気が高く、先代モデルまでのような男らしいスパルタンな車とは路線を変えているようです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

セリカの歴史
セリカはトヨタがカローラをベースにして、比較的安価なスペシャリティーカーとして発......
セリカ初代vol.1(TA20/RA20系-TA30/RA30系)
トヨタセリカの初代型は、車両型式TA20/RA20系-TA30/RA30系です。......
セリカ初代vol.2(TA20/RA20系-TA30/RA30系)
初代セリカが誕生して5年目の1975年には、1600GTシリーズに搭載されている......
セリカ2代目(TA40/RA40系-TA50/RA50系)
セリカの2代目モデルは、TA40/RA40系-TA50/RA50系で、1977年......
セリカ3代目(TA60/SA60/RA60系)
トヨタセリカの3代目モデルはTA60/SA60/RA60系で、1981年から19......
セリカ5代目(T180型)
セリカの5世代目となるモデルはST180型で、1989年9月に登場します。ニュー......
セリカ6代目(T200型)
セリカの6代目となるT200型は、1993年に販売が開始され1999年まで長期の......
セリカ最終モデル7代目(ZZT203型)
セリカの7代目はZZT230型で、1999年から2006年まで販売され、最終型の......

▲このページのトップへ