スプリンタートレノ3代目(TE71型)

スプリンタートレノTE71型はトヨタの入門スポーツカーモデルとして、兄弟車のカローラレビンとともに1979年から1983年まで生産されています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

TE71型のトレノは2T-G型エンジンが搭載された最後のモデルで、TE27型の頃のようなスポーツ性能には及びませんでしたが、そのスタイルから人気を得ていました。

当時はどの国内メーカーも排気ガス規制をクリアでき、インジェクションの完成度が上がっています。トレノもEFIを採用して、キャブレターとは違った新たなスポーティーさを演出しています。

またこのTE27型のトレノは、レビンと同じように3ドアハッチバッククーペのみスプリンタートレノの名称が与えられています。

他にも同じエンジンを搭載した2ドアのハードトップモデルが存在しますが、こちらはGTと呼ばれています。

また他にもセダンとリフトバックにもGTモデルが存在し、トレノだけがスプリンターのスポーツバージョンといった図式ではなくなっています。

スポンサードリンク

またAE70型と呼ばれる、3A-U型1500ccSOHCエンジンを搭載した3ドアハッチバッククーペも存在していました。こちらはスプリンターSRと呼ばれ、主にスタイルを重視した女性向けに販売されていたようです。

この時代のスプリンタートレノは他のモデルとの境界がボディ形状のみとなり、後に発売されるAE86型に比べるとやや陰が薄い印象です。

また名機と呼ばれる2T-G型エンジンにしても2バルブのDOHCであったため、やや古い印象を受ける感じです。

この世代は時代がFRからFFに向かう中で、トレノを除くスプリンターシリーズ最後のFR集大成でもあったのです。

もっともそれでもスプリンタートレノとしては、TE71型の人気があったからこそ、その後人気がブレイクするAE86の開発へと繋がったともいえるでしょう。

いずれにしてもTE71型トレノは、後に起こるハイパワー戦争の前にあった世代。本格的スポーツカーへの、夜明け前とも言える時代のクルマなのです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

スプリンタートレノの歴史
スプリンタートレノの歴史は、スプリンタークーペのSLとSRに対して、よりスポーテ......
スプリンタートレノ初代(TE27型)
スプリンタートレノ初代型のTE27型は、1972年から1974年に生産されていま......
スプリンタートレノ2代目(TE47型-TE65型)
スプリンタートレノ2代目のTE47型は、1974年4月から1975年に生産されま......

▲このページのトップへ