キズや凹みの修理は必要なのか

トヨタ自動車のディーラーに行くと、小さなキズや凹み(デント)の簡単修理が案内されているのを見かけます。

最近はカーコンビニ倶楽部など、簡単に愛車の小さなキズや凹みを修理できるお店が増えています。

では買い取りのときには、こういった修理が必要になるのでしょうか。

実は自動車の買い取りの時には、小さなキズや凹みは大きなマイナスポイントにはなりません。

逆に修理代金のほうが高くつく場合が多いので、買い取り前に修理に出す必要はありません。

そもそも中古車として販売される車は、無傷であることのほうが珍しいものです。

気付かないうちに隣の車のドアが当った、小石が飛んできた、そういった小さなキズや凹みは珍しくないのです。

また高価買取に向けてのポイントとして、査定時にマイナスになるキズや凹みを教えてもらう方法もあります。

もしも修理することで査定金額が上がるのなら、修理代金との差額によっては修理すれば良いだけです。

しかしたいていの場合は修理代金のほうが高かったり、買い取り業者自身が修理業を行っている場合もあります。

また修理した際に、思ったよりもキレイに仕上がらないというリスクも、決してゼロではありません。

小さなキズや凹みは気にすることはありませんし、最初からあえて申告する必要もないでしょう。

もっとも板金が必要になるような場合は、事前にシッカリ話し合いを行うことです。

バンパーが割れてしまったような自損事故後、すぐ買い取ってもらう時には、保険で修理したほうが良い場合もあるからです。

とにかく買い取り査定前には、勝手な判断で自動車のキズや凹みを修理しないこと。

それが高価買取に向けての、大切なポイントでもあるのです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

下取りの時期
carview愛車無料査定↓ ↓ ↓ ↓トヨタ車に限ったことではありませんが、自......
まずは洗車
carview愛車無料査定↓ ↓ ↓ ↓トヨタ車に限らず、自動車を高価で買い取り......
買い取りに必要な書類
carview愛車無料査定↓ ↓ ↓ ↓自動車を買い取ってもらうときに必要な書類......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタ車の高価買い取り:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/kaitori/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。