アルファードの歴史

トヨタ・アルファードの歴史は、グランビア/レジアス/グランドハイエース/ツーリングハイエースを統合したことから始まります。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

ライバルである日産自動車のエルグランドE51型が発表される翌日に、アルファードは発表されています。

当時トヨタにはFFとなったACR/MCRのエスティマがあり、このぷラットフォームを採用して作られているのが特徴です。

それまでのハイエース系はキャブオーバーであったことを考えると、フロントにエンジンをもつ高級ミニバンとして新たなる歴史を始めたといえるでしょう。

2002年5月22日に誕生した初代型は4WDやハイブリッドカーも誕生し、エンジンは4気筒と6気筒に分かれます。

それまでのハイエースファミリーをアルファードに統合したことで、トヨタは一気に売り上げを加速していきます。

スポンサードリンク

アルファードは木目とレザーを多用するなど、豪華なインテリアを売りに販売台数を増加。ロイヤルラウンジと呼ばれる豪華仕様を、トヨタモデリスタインターナショナルが生産しています。

2代目のモデルからはV型6気等エンジンは、3.5Lの2GR-FEとなりさらにパワーアップしています。

またネッツ店にはヴェルファイアと呼ばれる、よりエクステリアを押しの強いデザインにした車種を新たに展開します。

これによりアルファードはトヨペット店専用の車種となり、ハイエース系の頃の販売体系を彷彿させる展開をトヨタはまた始めています。

アルファードはエスティマとのかかわりが大きく、今後も両者は部品の共有等を行いながら進化していくことでしょう。

アルファードを購入したい人にと取っては、エスティマのモデルチェンジや改良にも、注意を払って生きたいところですね。

この記事のタグ

サイト内関連記事

アルファード初代(ANH・MNH)
初代アルファードANH/MNHは、2002年5月22日に発売され、2008年5月......
アルファード2代目(ANH・GGH)
アルファードの2代目モデルは、直列4気筒エンジンがANH、V型6気筒エンジンがG......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのミニバンとワンボックスカー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/minivan/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。