ハイエース5代目(H200系)

ハイエースの5代目はH200系で、長期モデルH100系を引き継いで2004年に登場しています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

トヨタはハイエースをキャブオーバー型のワンボックスカーとして残し、どちらかというとコミュターやバンを主体としているようです。

事実ワゴンのスーパーカスタム系は、ミニバンのアルファードに統合されるような形で姿を消しています。

またH100系の小型車枠主体から脱皮し、ロングボディは全幅が1,880mmに大きく広がっています。この恩恵は大きく、ハイエースの広い車内をさらにアピール。

もちろん小型車枠に収まるワゴンでも、広い車内はアルファードやエスティマと比べても遜色なく感じられるでしょう。

そして大きな特徴となるのは、ディーゼルエンジンがバンとコミュターのみになったこと。2KD-FTV型ディーゼルターボエンジンは、平成15年新短期規制、東京都ディーゼル車規制、自動車NOx・PM法に適合しています。

スポンサードリンク

200系となったハイエースですが、今となっては珍しいワンボックスカーであり、国内外で相変わらず人気があります。

そのため盗難件数が多く、2008年もワーストワンの記録。ハイエースのオーナーには、何とも頭の痛い結果になっています。

H200系ハイエースはデビュー3年後の、2007年にマイナーチェンジを受けています。

このマイナーチェンジでディーゼルエンジンは1KD-FTV型の3000ccに変更され、新長期規制に適合しています。すでにランクルプラドに搭載されたエンジンで、ハイエースにはDPR触媒と共に搭載されました。

その他にもワゴンにはGLグレードが追加され、4列目のシートを持っています。大きくなったボディが、ハイエースの更なる居住空間確保に繋がっているのです。

H200系のハイエースは、トヨタがきっとまたロングセラーモデルとして、ワンボックスカーの正常進化をさせていくことでしょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ハイエースとは
ハイエース(HIACE)はトヨタ自動車が生産しているいるキャブオーバー形状の車体......
ハイエース初代-2代目
トヨタハイエースの初代は1967年から1977年まで製造されています。あまり目立......
ハイエース3代目(H50H60H70系)
ハイエースの3代目モデルはH50、H60、H70系です。1982年12月に発表さ......
ハイエース4代目(H100系)
ハイエースの4代目モデルはH100系で、1989年にデビューした後2004年まで......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのミニバンとワンボックスカー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/minivan/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。