ノア・ヴォクシィ2代目(ZRR)

ノア/ヴォクシィの2代目(ZZR)は、2007年に登場します。キープコンセプトデザインながら、ステップワゴンのような3ナンバーボディ車も設定されています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

ノア/ヴォクシィはライトエース/タウンエース時代からのユーザーが多く、どうしても基本設計は5ナンバーの小型車枠がベースになるようです。

トヨタは今回のZZR型でもその考えを引き継ぎ、プラットフォームは初代のAZRと同じものを採用しています。

室内デザインもセンターメーターが採用されるなど、先代のオーナーが乗り換えても違和感が無い仕上がり。

クラウンにしてもそうですが、最近のトヨタは売れた車のモデルチェンジでは冒険をしない傾向のようです。

もっともノア/ヴォクシィにはホンダのステップワゴンや、日産のセレナといったライバルがおり、トヨタはその対策も行わなければなりません。

ファミリーカーであるノア/ヴォクシィであっても、走りのミニバンをアピールするグレードが必要になるのです。

スポンサードリンク

トヨタがその答えを出したのが、バルブマチックという新システムを採用したエンジン。Siという往年のシビックを彷彿させるようなグレードを発表しています。

このSiとSのグレードはエアロパーツが装着され、標準ボディながら3ナンバー枠になります。それでも全幅は1,720mmに抑えられるので、違和感は感じられないようになっています。

トヨタのミニバンはアルファードを頂点に、エスティマがあり、そのすぐ直下がノア/ヴォクシィ。その後にはコンパクトカーの間に、イプサムやシエンタなどが存在します。

車種構成からいくとTCRエスティマ時代の小エスティマ、グランドハイエースにたいするツーリングハイエース。現在はそのジャンルの車種が存在せず、ノア/ヴォクシィとの隙間が開いた状態。

今回ZZR型に設定されたSiとSグレードは、その役割を果たす為のワイド化でもあり、ステップワゴン対策もあるのでしょう。

今後出来れば余裕のある2.4Lエンジンの搭載など、ノア/ヴォクシィには一クラス上のグレード展開が望まれそうですね。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ライトエース/タウンエースの歴史
ライトエース/タウンエースの歴史はトヨタの老舗的なワンボックスカー、ハイエースの......
ノア/ヴォクシィ初代(AZR)
ノア/ヴォクシィの初代型(AZR)は、2001年から2007年に製造されたロング......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのミニバンとワンボックスカー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/minivan/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。