トヨタにはミニバンとワンボックスカーが多数存在します。エスティマやアルファードといった高級ミニバンから、ノアやヴォクシーのようなファミリーユースまでさまざま。また最近ではコンパクトサイズのミニバンも増え始めています。 そしてワンボックスカーといえば、なんと言っても根強い人気と歴史を誇る、ハイエースの存在が挙げられます。長いモデルサイクルを誇り、現在では国内のみならず海外でも大人気のワンボックスカーです。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

トヨタのミニバンとワンボックスカー

トヨタのミニバンとして歴史の中で語り継がれるのは、TCR型のエスティマの登場から始まるといえるでしょう。

ミッドシップレイアウトのミニバン、エスティマTCRの誕生は、ハイエース系(マスターエース、タウンエース)とは一線を画すものでした。

トヨタは当初2サイクルエンジンを搭載する予定だったようですが、開発が間に合わずにエンジンを傾斜して搭載しています。

このTCR型のエスティマは、子エスティマとよばえるエミーナとルシーダの登場で、さらに売り上げを伸ばしました。

その後ノアがFFのミニバンに進化して、床下エンジンからフロントエンジンになり、兄弟車のヴォクシーと共に、ライバルであるホンダ・ステップワゴンや日産・セレナと共にミニバンブームを巻き起こします。

トヨタはその波に乗りグランドハイエース、グランビアを統合してアルファードを誕生させます。

アルファードは高級ミニバンとして、エスティマと共にトヨタの最上級ミニバンの座に君臨。今ではより精悍な顔立ちのヴェルファイアが、兄弟車として誕生しました。

またワンボックスカーといえば、なんと言ってもトヨタの中でも息の長い車種であるハイエースの存在が挙げられます。

ハイエースは床下エンジンのワンボックスカーとして、その広い室内空間と小回りの効く取り回し、耐久性が高くメンテナンスが行いやすい、そういった理由から世界中で愛されています。

それ故にハイエースは盗難件数も多く、オーナーは頭を悩めるところでしょう。

ハイエースで培った技術がTCRエスティマを誕生させ、現在はワンボックスからミニバンがトヨタも主流としています。

トヨタのミニバンはコンパクトカーにも取り入れられており、今後の発展がますます期待できそうな車種カテゴリーです。

トヨタ自動車ファン

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

トヨタのミニバンとワンボックスカー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/minivan/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。