エスティマ3代目(ACR・GSR)

エスティマの3代目はACR/GSRで、2006年1月16日から販売されています。前年の東京モーターショーでは、コンセプトカーが発表されていました。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

このモデルからヨーロッパ向けの仕様がなくなりましたが、海外ではオセアニアでタラゴ、アジアではプレビアの名前で販売され続けています。

エクステリアデザインは2世代目のエスティマをさらにシャープにした感じで、全幅を10ミリ広げ全高は10-40ミリ下げています。

見た目の印象としてはコンパクトにまとまった感じで、数字よりもやや小ぶりに見えるのが特徴です。後にアルファードがモデルチェンジしますが、それとの差別化がすでにされていたのかも知れません。

またエンジンはV型が3000ccから3500ccの2GR-FE型に変わり、直列4気筒も170psへと出力をアップしています。動力的には、先代モデルを大きくしのいでいます。

スポンサードリンク

そしてプラットフォームもフロントはRAV4などと同じ、新MCプラットフォームへと変更されます。リアのプラットフォームは専用設計に変わっています。

外観こそ大きな変化は無いものの、3世代目のエスティマは大きな変化をしています。この辺りの手法はソアラの初代Z10系から2代目Z20系への進化と似ていますね。

またカーナビはG-BOOKALPHA対応のHDDとなり、スマートキーつきのキーインテグレーテッドウォッチが、ディーラーオプションで設定されています。

エスティマ3代目で注目したいのは、ハイブリッドモデルが2代目のプイルスと同じシステムになったことです。

このハイブリッドシステムは、ハイブリッド・シナジー・ドライブと呼ばれ、動力性能も燃費も先代を大きく上回っています。

またアルファードにはハイブリッド車が無いことから、エスティマはトヨタのミニバン唯一のハイブリッドカーが存在する車種となっています。

この記事のタグ

サイト内関連記事

エスティマTCR型の歴史
エスティマの初代型(TCR)は、1990年から2000年にかけて生産されました。......
エスティマルシーダとエスティマエミーナ
エスティマの初代型(TCR)には、子エスティマと呼ばれる、ルシーダとエミーナが存......
エスティマ2代目(ACR/MCR)
トヨタエスティマの2代目モデルはACR型/MCR型で、2000年にデビューを果た......
エスティマハイブリッド初代モデル
エスティマには2世代目のモデルに、ミニバンで初となるハイブリッドカーが誕生します......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのミニバンとワンボックスカー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/minivan/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。