ノア/ヴォクシィ初代(AZR)

ノア/ヴォクシィの初代型(AZR)は、2001年から2007年に製造されたロングセラーモデルです。キャブオーバーからFFミニバンへと進化した、トヨタの小型車ミニバンとして先駆を切った自動車です。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

それまでのトヨタはライトエースノア/タウンエースノアという、ボンネットを持った後輪駆動のミニバンを販売していました。

ホンダのステップワゴンなどに比べると設計が古くなり、トヨタはイプサムのプラットフォームを用いて、ノア/ヴォクシィとしてFFミニバンへと進化させたのです。

このときにタウンエースノアはノアとなり、ライトエースノアはヴォクシーとなっていますが、これはカローラ店とネッツ店それぞれのブランドを分けたことによります。

エンジンは直列4気等DOHCの、1AZ-FSE型です。D-4と呼ばれる直噴型のトルクがあるエンジンで、ミニバン用としては当時のステップワゴンに対してアドバンテージを持つものでした。

スポンサードリンク

またミニバンとしてはとても便利な、後席ドアを左右両開きにしたり、ワイヤレスドアロック等といった装備を充実させたのも特徴です。

ノア/ヴォクシィはイプサムからプラットフォームを流用し、ウィッシュ、アイシス、プレミオなどと恐竜しています。

自動車量産メーカーのトヨタらしく、エンジンもプラットフォームも多くの車種と共有しているのが特徴です。

また子エスティマが売れたように、ノア/ヴォクシーがデビューした当時は、5ナンバー枠の車が売れた時代です。トヨタはそういった層のオーナーに対して、シッカリとアピールに成功したといえます。

またファミリー志向の強いデザインであるノアをカローラ店に、外観を少し若くしたヴォクシーをネッツ店にと、それぞれの販売店に合致したデザインも取り入れています。

ナビゲーションの充実やエンジンの改良、フロントフェンダーの補助ミラー追加等、トヨタの小型車ミニバンとして、初代ノア/ヴォクシーは多大な功績を残しました。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ライトエース/タウンエースの歴史
ライトエース/タウンエースの歴史はトヨタの老舗的なワンボックスカー、ハイエースの......
ノア・ヴォクシィ2代目(ZRR)
ノア/ヴォクシィの2代目(ZZR)は、2007年に登場します。キープコンセプトデ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのミニバンとワンボックスカー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/minivan/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。