アルファード初代(ANH・MNH)

初代アルファードANH/MNHは、2002年5月22日に発売され、2008年5月まで発売されています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

アルファードはライバルである日産自動車のエルグランドに対して、トヨタがハイエースファミリーを統合して送り出した新型高級ミニバンです。

初代アルファードANH/MNHは、エスティマACR/MCRと部品の共有化が行われていたので、エンジンも同じ型式のタイプが搭載されます。

直列4気筒2400ccが159psの2AZ-FE型、V型6気筒3000ccが220psの1MZ-FE型です。また直列4気筒で131psの2AZ-FXE型を搭載した、ハイブリッドカーもアルファードには存在します。

アルファードハイブリッド(ATH10W型)は、エスティマと共有のシステムとなり、2008年3月まで生産されています。

トヨタにとって初代アルファードは、グランビアの失敗からエルグランドにつけられた販売台数を逆転すること。それ故に4気筒エンジンを搭載するなど、抜かりない戦略が立てられていたのです。

スポンサードリンク

それを示すように初代アルファード(ANH/MNH)の誕生は、エルグランドの2代目(E51)が発表された翌日です。

また当時のハイエースファミリー(グランビア/レジアス/グランドハイエース/ツーリングハイエース)を統合したことで、すべてのオーナーが乗り換えたくなるような車種展開をしたのです。

直列4気筒エンジンを搭載したのも、自動車税を意識してのものでしょうし、駆動もFFだけではなくて4WDを全グレードに用意しています。

そしてハイブリッドカーでは後輪をモーターで回す4WD機能を与え、経済性だけではなくより先進技術を好む層にもアピールしています。

内装も木目やレザーを多用するなど高級感を演出し、トヨタモデリスタインターナショナルからは、ロイヤルラウンジと呼ばれる特別仕様車も用意されていました。

初代アルファードはトヨタの最高級ミニバンとして、その地位を確実なものとした成功作なのです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

アルファードの歴史
トヨタ・アルファードの歴史は、グランビア/レジアス/グランドハイエース/ツーリン......
アルファード2代目(ANH・GGH)
アルファードの2代目モデルは、直列4気筒エンジンがANH、V型6気筒エンジンがG......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのミニバンとワンボックスカー:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/minivan/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。