ランドクルーザー70ライト系

ランドクルーザーには、その後ランクルプラドの源流となる70ライト系が存在しており、1984年11から1990年3月にかけて生産されています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

70ライト系が発売されたのは、1984年11月のことです。当時のランドクルーザーは70系になっており、まさにワークホースといわれるようなヘビーデューティー仕様。

それに対してプラドに発展する、ランクルのライトデューティー版として70ライト系は発表されています。

ホイールベースはショートのみで、幌のソフトトップとハードトップと呼ばれるメタルトップの2種類に分かれます。

70ライト系はオーバーフェンダー、ワイドタイヤ、ハーダースプリングを装備しており、ライト系といいつつも派手なグラフィックのデカールで飾り立てた、シティーオフローダーの「バンデラ」グレードが存在しています。。

この時代の70系は、ランドクルーザー、ランドクルーザーII、バンデラの車名に分かれており、まだ車種体型が確立していない感じでした。

しかしこの70ライト系こそが、後にプラドへと発展する祖先モデルであったといえるでしょう。

スポンサードリンク

ランクル70ライト系はヘビー系のフレームを軽量化して、ハイラックスピックアップ/トヨタ・ハイラックスサーフと共通となるパワートレインを採用しています。

エンジンは2.4Lの22R型のガソリンと、2.4Lの2L型と2L-T型のディーゼルが搭載されています。ディーゼルは乗用車系のみです。

トランスミッションはガソリンエンジンがG52型で、ディーゼルエンジンはR150型、R151型となり、ハイラックスサーフと共有化されています。

またサスペンションは前後ともにコイルスプリングとリジッドアクスルの組み合わせであり、これは日本のクロカン車両では初の試みとなっています。

ランドクルーザー70ライト系は後に発売される70プラドの源流として、すでに乗用車感覚のクルマでありハイラックスサーフとの関係を始めていたのです。

70系プラドが発売される前にあった、ランクルシリーズの中でもあまり知られていないモデルのようです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ランドクルーザープラドの歴史
トヨタランドクルーザープラドは、ランドクルーザーの派生車種として登場したことから......
ランクル70系プラド
トヨタランドクルーザープラド70系は、1990年4月から1996年4月まで生産さ......
ランクル90系プラド
ランドクルーザープラド90系は、1996年5月に70系プラドの後継車種として登場......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのSUVとRV:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/suv_rv/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。