ランドクルーザー40系(Vol.3)

ランドクルーザー40系は1979年2月のモデルチェンジから、第3期へと発展していきます。このときにパネル枚数を減らし組立工程を短縮。さらに鋼板のゲージが、薄くなり始めています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

量産されることに重点を置かれたために、ランクル40系はややオフローダーとしての魅了を落としています。

またディーゼルエンジンはB型からB2型になり、やはりやや物足りなさを感じるランクルファンが多かったようです。

このときから型式がB41とB44になり、マイルドな味付けとなっています。また燃費が落ちたりして、ややランクルの魅力に陰りがありましたが、リアLSDがオプション設定されるなどの進化も遂げています。

12月に販売されたLパッケージは乗用車感覚が採用され、徐々にマニアックな車から一般的な車としてランクル40系ユーザーの裾野を、トヨタは広げ始めたのです。

1980年7月には60系がデビューして、エンジンをはじめとした主要部品は共通のものになっていきます。

スポンサードリンク

またディーゼルエンジンもそれまでの4気筒から、6気筒4000ccの2H型が主流となり4気筒も3400ccの3B型に変更されています。

この時からオーストラリアにはHJ47型、そのほかの地域にはBJ45型として輸出されています。世界でも40系ランクルの評価は高く、輸出は初期の頃から頻繁に行なわれていました。

1981年からにはインパネデザインを変更して、センタークラスタータイプとなります。またタイヤもラジアルタイヤが選べるようになり、より快適な装備が備えていきます。

そして1982年7月には、ザ・マイティーIIが登場します。このモデルは国内での最後の限定車で、マイティー BJにパワーステアリングとタコメーターが追加されています。

またエンジンも2B型から3B型の3400ccに変更され、1984年10で国内生産を終了して70系にバトンチェンジしています。

今思えばトヨタはランクルに対し、徐々にSUVへの道を歩み始めさせていたのかもしれませんね

この記事のタグ

サイト内関連記事

ランドクルーザーの歴史
ランドクルーザーの歴史は、戦時中にさかのぼります。当初はトヨタ・ジープBJ型と呼......
ランドクルーザー初代(BJ型~FJ型)
トヨタのランドクルーザー初代型は、BJ型とFJ型と呼ばれるモデルです。1951年......
ランドクルーザー20系
トヨタランドクルーザーは1955年8月に、初めてのモデルチェンジを行なって20系......
ランドクルーザー40系(Vol.1)
ランドクルーザー40系は「ランクルヨンマル」と呼ばれ、オフローダーを中心に大人気......
ランドクルーザー40系(Vol.2)
B型のディーゼルエンジンを搭載したランドクルーザー40系は、BJ40とBJ43へ......
ランドクルーザー50系
ランドクルーザー50系は1967年7月に、FJ45Vの後継車として登場します。し......
ランドクルーザー60系
ランドクルーザー60系は、1980年に登場します。それまでの55型よりも大型にな......
ランドクルーザー70系
ランドクルーザー70系は、名車とうたわれる40系の系譜を次、1984年にデビュー......
ランドクルーザー80系
ランドクルーザー80系は1989年に60系の後継者主として登場し、よりSUVとし......
ランドクルーザー100系
ランドクルーザー100系は、本格的なSUVへと進化して80系を継ぐ形で1998年......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのSUVとRV:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/suv_rv/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。