ランドクルーザー50系

ランドクルーザー50系は1967年7月に、FJ45Vの後継車として登場します。しかし実際には55と56は型となり、QJとBJ50系としてはブラジル生産の、バンデンテが系を名乗っています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

ランクルは40系が大ヒットしたために、50はその裏に存在するようなモデルとなり堂々と50系といえない部分もあったようです。

トヨタはランクルの開発では違う系同士を、同時期に行なって板のです。そのため0系の影に隠れた50系は、ややわかりずらく50型と呼ばれることも多いようです。

またにランドクルーザー50系は乗用車風のデザインを取り入れ、北米ではムース(へら鹿)の愛称で呼ばれていました。洗車に欠かせないムース皮と自動車、アメリカ人のユニークさが伺えます。

これはランドクルーザーシリーズでは初となる、トヨタ社内の工業デザイナーがデザインを担当したため、当時としては個性的なデザインでした。

スポンサードリンク

エンジンは40系と同じものを搭載して、ガソリンエンジンはF型125馬力。2速のトランスファーに3速のMTが標準の組み合わせでした。

1975年1月には排ガス規制に対応するため、2F型のガソリンエンジンに変更されます。排気量4200ccで135psを発揮しています。

その他にも内外装の変更を、ランクル50系は安全性を加味しながら行なっていきます。当初はデザイン優先だったのですが、徐々に実用的な改良をされていったのです。

輸出仕様にはディーゼルエンジンが搭載されましたが、結局国内では大型のガソリンエンジンのみでした。乗用車感覚を謳い文句にしていた結果なのでしょうが、結局販売台数を国内で伸ばすことは出来ませんでした。

ランクル50系は名車ランドクルーザー40系の陰に隠れてしまい、今でも50型として分けてとらえられることが多いようです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ランドクルーザーの歴史
ランドクルーザーの歴史は、戦時中にさかのぼります。当初はトヨタ・ジープBJ型と呼......
ランドクルーザー初代(BJ型~FJ型)
トヨタのランドクルーザー初代型は、BJ型とFJ型と呼ばれるモデルです。1951年......
ランドクルーザー20系
トヨタランドクルーザーは1955年8月に、初めてのモデルチェンジを行なって20系......
ランドクルーザー40系(Vol.1)
ランドクルーザー40系は「ランクルヨンマル」と呼ばれ、オフローダーを中心に大人気......
ランドクルーザー40系(Vol.2)
B型のディーゼルエンジンを搭載したランドクルーザー40系は、BJ40とBJ43へ......
ランドクルーザー40系(Vol.3)
ランドクルーザー40系は1979年2月のモデルチェンジから、第3期へと発展してい......
ランドクルーザー60系
ランドクルーザー60系は、1980年に登場します。それまでの55型よりも大型にな......
ランドクルーザー70系
ランドクルーザー70系は、名車とうたわれる40系の系譜を次、1984年にデビュー......
ランドクルーザー80系
ランドクルーザー80系は1989年に60系の後継者主として登場し、よりSUVとし......
ランドクルーザー100系
ランドクルーザー100系は、本格的なSUVへと進化して80系を継ぐ形で1998年......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのSUVとRV:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/suv_rv/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。