ランドクルーザー60系

ランドクルーザー60系は、1980年に登場します。それまでの55型よりも大型になり、現在の200系ランクルの祖先ともいえそうなモデルです。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

エンジンはガソリンが2F型の4.2L、ディーゼルは4.0L6気筒の2H型と3.4L4気筒の3B型が搭載されています。またワゴンにもディーゼルエンジンが搭載され、ランクルがワゴンもディーゼル主体となったモデルです。

60系ランクルは国内で使うにはやや大型化されすぎた感もありましたが、ディーゼルエンジンのグレードを増やすなどして、販売は順調だったようです。

ただし84年にそれまでの2F型から3F型にディーゼルエンジンが変更され、高回転型になったものの排ガス対策でパワーダウン。

トヨタにとってはランクルは力強さが売りであったことから、販売面では不安もあったはずです。

その不安の払拭の為なのかステップの追加やバンパーデザインを変えるなど、外観上での力強さをアピールをしたマイナーチェンジとなっています。

スポンサードリンク

また翌85年に60系ランドクルーザーはディーゼルターボをデビューさせ、12H-T型という2H型エンジンを直噴化したエンジンを追加しています。

そして87年にはヘッドライトを角型の4灯式デザインに変更し、内装もオーディオスペースの改善などをしています。

ランクル60系のモデル末期となる88年には、電子制御タイプのガソリンエンジン3F-E型を搭載した4000VXワゴンを追加。

このモデルはランクル100系、200系に繋がるような大排気量のガソリンエンジン搭載モデルとなります。

ランクル60系は次世代の80系開発が遅れたことにより、トヨタは1990年初頭まで生産を行なっています。エンジンやボディバリエーションのみならず、内装も含めてかなりの小変更や追加をしたモデルです。

ランクル60系は国内での高級四輪駆動車としての開発だけではなく、、トヨタが世界に通じるモデルつくりの為、試行錯誤を繰り返したクルマともいえます。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ランドクルーザーの歴史
ランドクルーザーの歴史は、戦時中にさかのぼります。当初はトヨタ・ジープBJ型と呼......
ランドクルーザー初代(BJ型~FJ型)
トヨタのランドクルーザー初代型は、BJ型とFJ型と呼ばれるモデルです。1951年......
ランドクルーザー20系
トヨタランドクルーザーは1955年8月に、初めてのモデルチェンジを行なって20系......
ランドクルーザー40系(Vol.1)
ランドクルーザー40系は「ランクルヨンマル」と呼ばれ、オフローダーを中心に大人気......
ランドクルーザー40系(Vol.2)
B型のディーゼルエンジンを搭載したランドクルーザー40系は、BJ40とBJ43へ......
ランドクルーザー40系(Vol.3)
ランドクルーザー40系は1979年2月のモデルチェンジから、第3期へと発展してい......
ランドクルーザー50系
ランドクルーザー50系は1967年7月に、FJ45Vの後継車として登場します。し......
ランドクルーザー70系
ランドクルーザー70系は、名車とうたわれる40系の系譜を次、1984年にデビュー......
ランドクルーザー80系
ランドクルーザー80系は1989年に60系の後継者主として登場し、よりSUVとし......
ランドクルーザー100系
ランドクルーザー100系は、本格的なSUVへと進化して80系を継ぐ形で1998年......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのSUVとRV:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/suv_rv/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。