RAV4の歴史

RAV4の歴史はクロスオーバーSUVとして、トヨタが1993年の東京モーターショーへの参考出品をしたことから始まります。

翌年市販されたときには、ほぼそのものの形で発売されて、モノコック構造を持つシティ派4WDの先駆車的存在でした。

RAV4が発売された当時はフルフレームのRVが主流でしたが、いち早くモノコックボディを持つ乗用車的な都会派SUVとして先陣を切ったのです。

発売当初のRAV4は3ドアのみでしたが、5ドアやワイドボディが追加されるなど、トヨタはより幅広いユーザー獲得に成功しています。

その後2代目モデルになるとデザインは丸みを帯び、ホンダCR-V、日産自動車エクストレイルといったライバル車への対抗から、5ドアモデルが主流となって行きます。

初代はSUVブームに乗れたものの、2代目モデルのRAV4はブームが去ったこともあり、販売面では振るわなかったようです。

しかしトヨタはRAV4の開発には力を入れているので、1AZ-FSE型の直列4気筒直噴ガソリンエンジンを搭載するなど、先進的なメカニズムを与えていました。

2005年11月になるとRAV4は3世代目にシフトし、4WDシステムは電子制御されていきます。それまでのセンターデフ+ビスカスカップリングから次世代四駆へと変貌を遂げています。

ボディも大型化して3ナンバー専用サイズになり、3ドアは廃止されて5ドアのみ発売されています。

またRAV4はネッツ店での販売に統一され、派生車種のヴァンガードがトヨペット店とカローラ店で販売されています。

発売当初は3ドアのみで若者向けのシティコミューターだったRAV4も、いつしか70系時代のプラドクラスの大きさへと変貌。

コンパクトサイズのSUVはRushへと引継ぎ、トヨタはRAV4には新たなカテゴリーを任せているようです。

国内ではSUVがいまひとつ売れていない現状ですが、かつて初代RAV4が切り開いたコンパクトSUVの領域が、また見直されるといいですね。

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのSUVとRV:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/suv_rv/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。