ランクル70系プラド

トヨタランドクルーザープラド70系は、1990年4月から1996年4月まで生産されています。ランドクルーザー70系の乗用車モデルとしての位置付けで、生産終了後も中古車市場で人気のあったモデルです。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

70系プラドはライト系の進化型として、フロントグリル、フェンダー、エンジンフードのデザインを一新し、ヘッドライトも角型の2灯式ランプに換わっています。

ヘビー系のランドクルーザー70系が丸目の2灯ランプなのに対して、トヨタはより乗用車としての印象を強くするデザインを採用しています。

またこのときに初めてランドクルーザープラドとして、ランクルにサブネームをつけた形で販売されるようになっています。

このランクルプラドはガソリンエンジンが22R-E型を採用しています。乗用車感覚のオフローダーの為に、本来トヨタとしてはガソリンエンジン車を押したかったはずです。

しかし実際には経済的なディーゼルエンジンに人気があり、市場に受けが良かったようです。

そのディーゼルエンジンは2.4Lターボの2L-TE型で、輸出用には2.8Lの3L型ディーゼルを搭載したモデルも存在しています。

スポンサードリンク

ボディは70ライト系から進化して、2ドアのミドルホイールベースにソフトトップとFRPトップ、4ドアモデルが新たに設定されます。

ボディーそのものはヘビー系と共有で、ヘッドライト回りなどが変更されているだけです。当時はまだプラドといえども、ランクル色が強かったのです。

1993年には70系ランクルに大きな変化が訪れます。まずガソリンエンジンは22R-E型から3RZ-FE型へ変更されています。

またディーゼルエンジンは後に静かなディーゼルとして話題になる、3.0Lターボの1KZ-TEが追加となっています。

このエンジンはアルミヘッドを持ち、直噴ディーゼルが登場するまで非常に高く評価されていたエンジンです。

しかし70系のランクルプラドは、国内ではあまり多くの販売がなかったようです。その後4WDが国内でブームとなり大型化された頃になり、ジャストサイズの四駆として中古車市場では評価され始めたのです。

またオフローダーたちに愛されたモデルでもあり、ディーゼルエンジンの1KZ-TEを積むモデルは中古車市場でも特に人気のモデルでした。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ランドクルーザープラドの歴史
トヨタランドクルーザープラドは、ランドクルーザーの派生車種として登場したことから......
ランドクルーザー70ライト系
ランドクルーザーには、その後ランクルプラドの源流となる70ライト系が存在しており......
ランクル90系プラド
ランドクルーザープラド90系は、1996年5月に70系プラドの後継車種として登場......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのSUVとRV:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/suv_rv/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。