ランドクルーザーの歴史

ランドクルーザーの歴史は、戦時中にさかのぼります。当初はトヨタ・ジープBJ型と呼ばれた自動車で、まさにヘビーデューティー仕様のRVそのものだったのです。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

このBJ型と言うのはB型エンジンを搭載した、Jeepタイプの車と言う意味だそうです。当時は国産車の発展が、国の事業と深く関連していたといえます。

ランドクルーザーはその後も消防車に利用されるなど、公的な機関でも広く採用され続けています。また道を選ばない走りは、山奥の工事などでも活躍していました。まさにクロスカントリー4WDといったところです。

ランドクルーザーの良さはなんと言っても頑丈なところで、20系からは本格的に輸出されるようになって、トヨタも開発に熱が入りだしています。

一般的な乗用車としてランドクルーザーが広まりだしたのは、40系の功績が大きいでしょう。長く乗れて壊れない車、全天候型で飽きが来ないデザインはランクルの持つ大きな特徴です。

70系になってからはいよいよプラドが独立を果たし、ランドクルーザーといいつつもハイラックス系と、兄弟関係になってきます。

スポンサードリンク

その後80系に発展したランクルは、しばらくの間70系のバンが継続販売されます。70系ランドクルーザーは、ワークホースとして道路の整備や、工事現場でも多く見かけられたものです。

そしてランドクルーザーは100系に進化したときには、国内ではもてあますほどの大型ボディとなり、トヨタは輸出がメインの車として開発を進めます。

またランドクルーザー100系にはシグナスが誕生して、より高級なSUVとして進化しています。もはやヘビーデューティーな印象は無く、都会派の4WDとなっています。

2007年にはランクルが新たな歴史の第一歩として、ランドクルーザー200が発表されています。高級SUVでありながらも、最先端ともいえる悪路の走破性を身につけています。

21世紀のランクルが目指すものは、全天候型で道を選ばない高級SUVです。これからもトヨタ・ランドクルーザーは、日本の自動車社会でその進化の歴史を刻み続けることでしょう。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ランドクルーザー初代(BJ型~FJ型)
トヨタのランドクルーザー初代型は、BJ型とFJ型と呼ばれるモデルです。1951年......
ランドクルーザー20系
トヨタランドクルーザーは1955年8月に、初めてのモデルチェンジを行なって20系......
ランドクルーザー40系(Vol.1)
ランドクルーザー40系は「ランクルヨンマル」と呼ばれ、オフローダーを中心に大人気......
ランドクルーザー40系(Vol.2)
B型のディーゼルエンジンを搭載したランドクルーザー40系は、BJ40とBJ43へ......
ランドクルーザー40系(Vol.3)
ランドクルーザー40系は1979年2月のモデルチェンジから、第3期へと発展してい......
ランドクルーザー50系
ランドクルーザー50系は1967年7月に、FJ45Vの後継車として登場します。し......
ランドクルーザー60系
ランドクルーザー60系は、1980年に登場します。それまでの55型よりも大型にな......
ランドクルーザー70系
ランドクルーザー70系は、名車とうたわれる40系の系譜を次、1984年にデビュー......
ランドクルーザー80系
ランドクルーザー80系は1989年に60系の後継者主として登場し、よりSUVとし......
ランドクルーザー100系
ランドクルーザー100系は、本格的なSUVへと進化して80系を継ぐ形で1998年......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのSUVとRV:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/suv_rv/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。