ランドクルーザー40系(Vol.2)

B型のディーゼルエンジンを搭載したランドクルーザー40系は、BJ40とBJ43へと進化していきます。それまでのFJ40からファイナルギアレシオを3.700⇒4.111に下げる変更が行なわれています。

トヨタがランクルに与えたこの変更はピニオンギアの歯車にしてわずか1山少ないだけですが、低速の粘り強い力強さに影響を与えたようです。

自動車というのは、本当にわずかな味付けの違いで変わるものであることを、ランドクルーザーは証明したことになりますね。

エンジンは4気筒になった事もあり、出力はF型の125psが85psと大幅にダウン。ところがエンジンのマウントが後方位置になったことが幸いします。

車体全体のバランスが上がったので、非力なエンジンでも走行性能そのものは、遜色ないものでした。

ランクル40系がこの4気筒のディーゼルエンジンを得たことで、オフローダーとしての性能が大幅に上がったのです。

しかも4ナンバーでの小型登録ができることにより、税制面でも優遇されることとなっています。もちろんこのランドクルーザー40系の優れた走りの高さは、世界中で高評価を得る事になったのです。

この背景にはオイルショックによるガソリンの高騰もありましたが、ランクルとディーゼルエンジンのバランスの良さが後々、「ランドクルーザーにはディーゼルエンジン」といった流れを作ることになるのです。

1975年1月にはハードトップのドアがフルプレスに変更されたり、リアクォーターウィンドウが可動式になるなど、より快適なボディ周りの改善が行なわれています。

1976年8月にはバックミラーがカウルサイドからドアに変更されますが、後方視界と車両感覚がつかみずらく国内向けだけは1980年7月からフェンダーミラーに戻っています。

このディーゼルエンジンが主流となったランクル40系の走りのモデルを、主にビンテージ系のランドクルーザー40系と呼ばれています。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ランドクルーザーの歴史
ランドクルーザーの歴史は、戦時中にさかのぼります。当初はトヨタ・ジープBJ型と呼......
ランドクルーザー初代(BJ型~FJ型)
トヨタのランドクルーザー初代型は、BJ型とFJ型と呼ばれるモデルです。1951年......
ランドクルーザー20系
トヨタランドクルーザーは1955年8月に、初めてのモデルチェンジを行なって20系......
ランドクルーザー40系(Vol.1)
ランドクルーザー40系は「ランクルヨンマル」と呼ばれ、オフローダーを中心に大人気......
ランドクルーザー40系(Vol.3)
ランドクルーザー40系は1979年2月のモデルチェンジから、第3期へと発展してい......
ランドクルーザー50系
ランドクルーザー50系は1967年7月に、FJ45Vの後継車として登場します。し......
ランドクルーザー60系
ランドクルーザー60系は、1980年に登場します。それまでの55型よりも大型にな......
ランドクルーザー70系
ランドクルーザー70系は、名車とうたわれる40系の系譜を次、1984年にデビュー......
ランドクルーザー80系
ランドクルーザー80系は1989年に60系の後継者主として登場し、よりSUVとし......
ランドクルーザー100系
ランドクルーザー100系は、本格的なSUVへと進化して80系を継ぐ形で1998年......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのSUVとRV:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/suv_rv/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。