ランクル90系プラド

ランドクルーザープラド90系は、1996年5月に70系プラドの後継車種として登場しています。まさにプラドとして、ランクルから独立した車種になったとも言える世代です。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

プラドとしては2世代目になりますが、エンジンをはじめとしてフレームとサスペンションも、ハイラックスサーフと共用になっています。

トヨタをはじめとして自動車量産メーカーは、この頃から盛んに共用シャシやエンジンを採用しています。プラドもまた、同じ道を歩んだということでしょう。

車名こそランドクルーザー冠したプラドですが、90系からはランクルとは中身が違う車として、ハイラックスサーフと共に発展をはじめる事になります。

搭載されたエンジンは、ガソリンが5VZ-FE型(V型6気筒 3.4L)と3RZ-FE型(直列4気筒 2.7L)の二種類。ディーゼルは1KZ-TE型直列4気筒3.0Lディーゼルターボになります。

ガソリンエンジンは直列4気等のほうが活発に動き、V型6気筒のほうはゆったりとした走りが特徴的です。スポーツ系と高級SUV系に分かれたといったところでしょう。

スポンサードリンク

またオフローダーやスキーをメインに捕らえる人たちには、経済的なディーゼルエンジン搭載モデルが好まれたようです。

そしてディーゼルエンジンの規制が厳しくなる中で、2000年7月には1KD-FTV型のコモンレール式直噴エンジンに変更されていきます。

90系プラドにとってライバルとなる、三菱のパジェロといすゞのビッグホーンも直噴ディーゼルとなり、四輪駆動車は直噴ディーゼルの時代へと変わっていきます。

しかし直噴タイプのディーゼルは音が大きくなり、1KZ-TE型のような静で滑らかなディーゼルとは一線を画す結果となってしまいます。

90系プラドは後の120系へ繋がる高級路線が売りになっていたこともあり、モデル末期にはガソリンエンジンに人気が集中しだします。

80系プラドは、ランクルプラドといわれると一番人気があり、4WDブームにのった世代と言えそうです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ランドクルーザープラドの歴史
トヨタランドクルーザープラドは、ランドクルーザーの派生車種として登場したことから......
ランドクルーザー70ライト系
ランドクルーザーには、その後ランクルプラドの源流となる70ライト系が存在しており......
ランクル70系プラド
トヨタランドクルーザープラド70系は、1990年4月から1996年4月まで生産さ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのSUVとRV:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/suv_rv/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。