ランドクルーザー70系

ランドクルーザー70系は、名車とうたわれる40系の系譜を次、1984年にデビューしています。一般にヘビーデューティーなクロカンを70系と読んでいます。

もっともトヨタはライト系の70も用意して、その後プラドへと発展させています。

それに対してランクルヘビーデューティー系の70は、オフローダーでありワークホースとして山林作業車などにも使われています。

一見無骨な70系ランクルですが、それでも40系に比べるとおとなしいデザインだといわれています。いわゆるジープのデザインを脱却した、乗用車的なイメージが強く感じられるからなのでしょう。

現在でも70系ランクルは海外で販売されており、過去には1FZ型の直列6気筒4477ccのガソリンエンジンを搭載しています。

現在の国内では排ガス規制もあるでしょうが、4000ccのガソリンエンジンを搭載した70ランクル、一度は乗ってみたいと思いませんか?

さて国内でのランドクルーザーは、70系はワークホース、クロスカントリー、RVなどといったオフローダーとして60系の裏で登場しています。

その後60系は80系へと進化し、SUV色が強くなりますので、ヘビー系のランクルは70系が担当を続けることになります。

現在も70系ランドクルーザーには後継車種がなく、一部海外では直噴式インタークーラー付きディーゼルターボ、1VD-FTV型エンジンを搭載して販売されているようです。

1VD-FTV型ディーゼルエンジンは、DOCHV型8気筒4461ccのスペックを誇りますので、ランクル70としては相当な走りが期待できそうです。

現在国内ではトヨタのラインナップから外れているようですが、ハイエースのようにディーゼルエンジンの規制をクリアして、ラインナップに復活してほしい車です。

ランクル70系はトヨタにとって最後のRVとも言える名車、40系に比べると大きくなったボディや、プラドの影に隠れがちですが、ランドクルーザーの歴史を語る上では外せないクルマなのです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ランドクルーザーの歴史
ランドクルーザーの歴史は、戦時中にさかのぼります。当初はトヨタ・ジープBJ型と呼......
ランドクルーザー初代(BJ型~FJ型)
トヨタのランドクルーザー初代型は、BJ型とFJ型と呼ばれるモデルです。1951年......
ランドクルーザー20系
トヨタランドクルーザーは1955年8月に、初めてのモデルチェンジを行なって20系......
ランドクルーザー40系(Vol.1)
ランドクルーザー40系は「ランクルヨンマル」と呼ばれ、オフローダーを中心に大人気......
ランドクルーザー40系(Vol.2)
B型のディーゼルエンジンを搭載したランドクルーザー40系は、BJ40とBJ43へ......
ランドクルーザー40系(Vol.3)
ランドクルーザー40系は1979年2月のモデルチェンジから、第3期へと発展してい......
ランドクルーザー50系
ランドクルーザー50系は1967年7月に、FJ45Vの後継車として登場します。し......
ランドクルーザー60系
ランドクルーザー60系は、1980年に登場します。それまでの55型よりも大型にな......
ランドクルーザー80系
ランドクルーザー80系は1989年に60系の後継者主として登場し、よりSUVとし......
ランドクルーザー100系
ランドクルーザー100系は、本格的なSUVへと進化して80系を継ぐ形で1998年......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのSUVとRV:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/suv_rv/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。