ランドクルーザー20系

トヨタランドクルーザーは1955年8月に、初めてのモデルチェンジを行なって20系に進化します。ランクル20系には3種類のホイールベースが用意されていました。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

#J25、21等のショート、#J28、24等のセミロングで当初は始まり、FJ35Vのロングが追加されています。

ランクル20系のホイールベースのサイズは、ショートが2,285mm 、ミドルが2,430mmロングが2,650mmです。

のエンジンは、従来からの水冷直列6気筒3,386ccOHVのB型と、水冷直列6気筒OHV3,870ccのF型ガソリンエンジンが搭載されています。

F型エンジンのスペックは、最高出力が120~135HP/3,200rpmで、最大トルクが28,0~30.0kgm/2,000rpmです。

また20系のランクルは、ソフトトップ、ハードトップと、ピックアップ、バン、消防用シャーシに分類されます。これにロングの4ドアワゴンが追加されています。

スポンサードリンク

またこの当時のランクルは、二輪駆動が主体であり現在のような四輪駆動はむしろ少量の生産となっています。また本格的な輸出は、この20系ランドクルーザーから行われるようになっています。

このランクル20系の輸出では、とくにジープの本場であるアメリカで評判が高く、1959年にロングホイールベースの4ドアワゴンが登場しています。

このときに搭載されたのがF型のエンジンで、型式はFJ35Vとなり実質的な30系となっています。

実際には時期モデルである40系の初代にあたるFJ45Vの前倒し生産とも言われれおり、アメリカをはじめとした海外でのランドクルーザーの売れ行きのよさが、モデルチェンジを加速させていたようです。

もっともその影響を受けたために、30系を飛ばしてランドクルーザーは20系の後に40系へモデルチェンジすることになるのです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ランドクルーザーの歴史
ランドクルーザーの歴史は、戦時中にさかのぼります。当初はトヨタ・ジープBJ型と呼......
ランドクルーザー初代(BJ型~FJ型)
トヨタのランドクルーザー初代型は、BJ型とFJ型と呼ばれるモデルです。1951年......
ランドクルーザー40系(Vol.1)
ランドクルーザー40系は「ランクルヨンマル」と呼ばれ、オフローダーを中心に大人気......
ランドクルーザー40系(Vol.2)
B型のディーゼルエンジンを搭載したランドクルーザー40系は、BJ40とBJ43へ......
ランドクルーザー40系(Vol.3)
ランドクルーザー40系は1979年2月のモデルチェンジから、第3期へと発展してい......
ランドクルーザー50系
ランドクルーザー50系は1967年7月に、FJ45Vの後継車として登場します。し......
ランドクルーザー60系
ランドクルーザー60系は、1980年に登場します。それまでの55型よりも大型にな......
ランドクルーザー70系
ランドクルーザー70系は、名車とうたわれる40系の系譜を次、1984年にデビュー......
ランドクルーザー80系
ランドクルーザー80系は1989年に60系の後継者主として登場し、よりSUVとし......
ランドクルーザー100系
ランドクルーザー100系は、本格的なSUVへと進化して80系を継ぐ形で1998年......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのSUVとRV:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/suv_rv/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。