ランドクルーザープラドの歴史

トヨタランドクルーザープラドは、ランドクルーザーの派生車種として登場したことから歴史が始まります。一般的には「ランクルプラド」や「プラド」の愛称で呼ばれています。

スポンサードリンク

トヨタの中古車探しならここ

初代のランドクルーザープラドは、70系ランクルにハイラックスサーフと共通のパワートレインを搭載した自動車でした。本来四輪駆動のワークフォースであるランクルをベースに乗用車化したモデルとして、歴史の1ページが始まったのです。

プラドが発売された当初は仕向け地によって、「ランドクルーザーワゴン」、「ランドクルーザーⅡ」、「バンデラ」の呼び名で販売されました。

もっとも70系ランクルと殆ど変わらない外観のため、乗用車的な売り込みが難しくトヨタの期待をよそに、あまり販売は伸びませんでした。

プラドは2代目以降、ハイラックスサーフと兄弟化されています。フレームやサスペンションにいたるまで共有化が進み、ボディや内装で差をつける形になっています。

このモデルからは都会的なスタイリングを持つSUVのイメージを強めて、ランドクルーザーシリーズのなかでは欧州向け車種としての性格が強まります。ある意味でここからが、プラドの歴史の始まりとも言えそうです。

スポンサードリンク

プラドは国内で大人気を誇っていた三菱パジェロのシェアを奪い、都会派のSUVとして大成功を収めました。

プラドにはハイラックスサーフには設定のない、ショートホイールベースの3ドアモデルが存在することが特徴的です。車庫の関係や少人数の街乗り派には重宝するモデルのようです。

3世代目となる120系プラドは、ED2(イーディースクエア)のデザインによる3ドアと5ドアのボディーが存在します。ボディそのものは大型化が進みましたが、トヨタは3ドアのモデルをそのまま残しています。

搭載競れるエンジンは、ガソリンエンジンが新世代V6の4,000ccの1GR-FE、4気筒2,700ccの2TR-FEの2種類。ディーゼルエンジンは4気筒3,000ccのコモンレール式直噴ディーゼルターボエンジンの1KD-FTVです。

現行モデルのランドクルーザープラドはトランスミッションがATミッションのみの構成で、MTモデルは存在していません。ちなみに海外モデルでは、5MT/6MTも存在しています。

ランドクルーザープラドの駆動方式は、兄弟車のハイラックスサーフのような2WDモデルは存在しません。すべて2速のトランスファーとボッシュのトルセンギアを用いた、センターデフ式フルタイム4WDです。

プラドとサーフには外観以外にも、こういったわずかな違いでトヨタはプラドとサーフの特徴分けを行なっているようです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

ランドクルーザー70ライト系
ランドクルーザーには、その後ランクルプラドの源流となる70ライト系が存在しており......
ランクル70系プラド
トヨタランドクルーザープラド70系は、1990年4月から1996年4月まで生産さ......
ランクル90系プラド
ランドクルーザープラド90系は、1996年5月に70系プラドの後継車種として登場......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

トヨタのSUVとRV:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.toyotakuruma.com/suv_rv/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。