レクサスRX350/RX450hはハリアーの後継車

レクサスRXが発売され、いよいよハリアーの後継車として日本にも上陸しました。

現在のところトヨタはハリアーを現行モデル販売中ですが、レクサスRXに統合されるようです。

今回日本で販売されたのはレクサスRX350で、ハイブリッドモデルのRX450hは4月から販売。

北米ではハリアーのレクサスバージョンとして販売が継続され、現在のモデルは3代目となっています。

ハリアーは2代目モデルが今でもトヨタのラインナップにありますが、いずれ消滅するようです。

さてそのRX350ですが、SUVとしての外見は保つものの、高級セダンとなんら変わらない走りを持っています。

ランクルなどで培ったRVの技術というより、セダンの発展型とも言える走りの性能。

まさに背が高くて室内空間が広く、全天候で安定して走れる高級セダンのようなものともいえそうです。

北米でSUVに人気が集まるのは、ニューヨーク等のビジネス街は雪に覆われることも多いからです。

ビック3が作る大型セダンが立ち往生する中、AWDのSUVはわけも無く走り進むことが出来る。

まさにエリートビジネスマン必須の車こそが、SUVとも言えるわけですね。

さてレクサスRX350ですがフルタイム4WDは、AWDへと進化してより軽量化されています。燃費も9.4km/lとのことなので、かなり実用性が高くなっています。

安全装備も高く、ミリ波レーダー式のプリクラッシュシステムや、最大10個のエアバッグが用意されます。

また4月に発売されるハイブリッドのRX450hは、18.8km/lと軽自動車並みの燃費。
車で移動する機会が多い人には朗報です。

ハリアーから進化したレクサスRX350とRX450h、トヨタブランドからハリアーが無くなっていくわけです。

しかしプラドとサーフの立場を考えれば、ハリアーが消えていくのも当然と言えるかもしれません。

この記事のタグ

サイト内関連記事

レクサスの誕生
レクサスは、1989年にアメリカで誕生したトヨタの高級車ブランドです。レクサスの......
トヨタからレクサスブランドへ
レクサスブランドは、トヨタ自動車が高級車専用ブランドとして1989年に立ち上げた......
レクサスIS F
レクサスには「IS F」という、走りを極めたスポーツセダンが存在します。エンジン......

▲このページのトップへ