カルディナ2代目(T210GW系)

カルディナの2代目モデルはT210G/W系で、1997年から2002年まで販売されていました。初代よりもスポーティーなワゴンとして、スバルレガシィをライバルに見据えていたようです。

まずなんと言っても2代目のカルディナで目を引くのは、セリカGT-FOURと同じ直列4気筒のターボエンジン、3S-GTE型が搭載されたことでしょう。

このグレードはGT-Tと呼ばれ、2000ccながらも260psを発揮するエンジンと、四輪駆動の足回りが与えられています。

もちろんトヨタはカルディナに対して、ターボモデル以外のGTグレードを用意しています。

こちらはVVT-iと呼ばれる可変バルブタイミング機構を持つ3S-GE型エンジンを搭載し、ノンターボながら190psを発揮しています。

初代のカルディナはどちらかと言えばおとなしいワゴンでしたが、2代目のカルディナに対してトヨタはスポーツワゴンとして育てたかったようです。

しかし実際にはスパルレガシィの持つ人気は高く、日産のアベニールやマツダのカペラワゴンなどと共に、販売面では苦戦を強いられています。

カルディナは4WDモデルもFFモデルも、ともにレガシィに引けを取らないエンジンを用意し、スタイルもスポーティーになっています。

それでもカルディナがヒットしなかったのは、スポーツカー衰退の時期でもありトヨタとしては誤算だったはずです。

もっともディーゼルエンジンを3C-TE型の2200ccディーゼルターボに換え、実用車を求める人たちには一定の販売を確保していたようです。

またこの頃はATが主流になっていた事もあり、GT-Tにはハンドルシフトをつけています。

ATながらもスポーティーに走れる機能まで与えられながら、それでもやはりカルディナはレガシィの牙城を崩せません。

そしてT210G/W系では果たせなかったレガシィ超えのストレスが、この後のT240W系では爆発します。

カルディナは3代で生産を終わるのですが、その過渡期になるこの2代目のT210G/W系にはトヨタのいろいろな思いが詰まっているともいえそうです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

カルディナ初代(T190G系)
カルディナの初代はT190G系で、1992年に登場。ベースになっている車両は、1......

▲このページのトップへ