トヨタ自動車の歴史

トヨタ自動車の歴史は、豊田佐吉氏が創業した豊田自動織機製作所(現在は豊田自動織機)の一部門として、1933年9月に自動車部が開設されたことから始まります。

トヨタの自動車製造は1935年に開始されています。製造開始から約2年後の1937年(昭和12年)には、トヨタ自動車工業株式会社として独立新会社が発足、歴史の新たな一歩を踏み出します。

トヨタ自動車の名前は愛知県豊田市からでは無くて、創業者である豊田佐吉氏の名前からとられています。

豊田市はもともと挙母(ころも)市でしたが、1959年にトヨタにちなんで豊田市となっています。トヨタ自動車が地域密着型の企業であり、地域からの支持が高い事が伺えてくる事例と言えます。

現在では販売好調で経営が安定しているトヨタ自動車ですが、戦後のデフレ状態では経営危機に面した時代もありました。

1950年には豊田喜一郎氏が社長を辞任し、帝国銀行(現在の三井住友銀行)を中心とした銀行団の緊急融資条件として、トヨタ自動車販売株式会社が設立されています。

一度はトヨタ自動車工業株式会社(自工)とトヨタ自動車販売株式会社(自販)に別れ、工販分離となったトヨタですが、1982年になって両者は合併し新たな歴史が幕を開けます。そしてトヨタ自動車株式会社となり現在に至ります。

現在のトヨタは世界でもゼネラルモータースグループについで、世界2位の販売台数を誇る日本を代表する企業の一つとなりました。またTOYOTA(トヨタ)ブランド以外にも、LEXUS(レクサス)とSCION(サイオン)のブランドを展開しています。

トヨタ自動車のファンにとっても、レクサスやサイオンを含めて見ていくと、トヨタが作る自動車の車種があまりにも多く、車種を覚えるだけでも一苦労といったところでしょうか。

この記事のタグ

サイト内関連記事

トヨタ自動車の開発思想
トヨタ自動車の開発思想として有名な言葉に、「80点主義」があります。元々は初代カ......

▲このページのトップへ