トヨタのエコカー適合車種

トヨタのエコカー適合車種で目を引くのは、やはりハイブリッドカーの存在です。
エコカーの減税は、100%、75%、50%の減税率があり、ハイブリッドカーは100%です。

トヨタの車種だと、プリウス、ハリアー、エスティマ、クラウンが対象となります。

エコカーの減税率が100%ということは、言葉を言い換えれば免税と同じ意味だと思います。

日産にはクリーンディーゼルのエクストレイルがありますが、国内の主流となるのはガソリンエンジン車。

ヨーロッパではトヨタにもディーゼル車種がありますが、燃料の問題や交通環境を考えると普及しづらいもの。

トヨタは北米と日本では、エコカーとしてハイブリッド車を押しているということなのでしょう。

たしかに市街地ではストップアンドゴーが多く、都市型の生活にハイブリッドは最適です。

原則時にバッテリーに電源が供給され、止まるエネルギーでモーター用のバッテリーが充電できるからです。

さてそれ以外の車種においても、トヨタはガソリンエンジンの燃費向上に努めています。

エコカーはCo2とNoxを削減する為、環境に優しい低燃費であることが絶対条件です。

例えばiQのような小型車がエコカー適合するのは当然として、アルファード、ヴェルファイア、エスティマも、2.4l版は75%減税の適合車種になっています。

コンパクトから大型ミニバンまで、75%減税のエコカー車種に適合させるあたりは、さすがトヨタ自動車。

そのなかでイスト、カローラアクシオが適合車でないのは意外な感じです。

トヨタ自動車にしても、エコカー減税適合車種にはバラつきが出てしまったようです。

もっとも今回のエコカーの購入促進で目玉になるのは、古い車を乗り換えるひとへの補助金。
エコカー減税がなくても、25万円は魅力的です。

エコカー減税・免税を受けて新車購入をするなら、やはり車種が豊富なトヨタがお買い得のように思えます。

この記事のタグ

サイト内関連記事

トヨタのスポーツカーが無くなる
トヨタ自動車はTOYOTA2000GT以来、数多くのスポーツカーを生産していまし......
トヨタの4WDはRVからSUVへ進化した
トヨタにはランドクルーザー、ランクルプラド、ハイラックスサーフといった、もともと......
トヨタの4ドアサルーンはセダン回帰
トヨタは初代クラウンから、4ドアサルーン(セダン)を作り続けています。またセダン......
トヨタのコンパクトカーはヴィッツからiQへ
トヨタ自動車が本格的にコンパクトカーを作り始めたのは、1999年のヴィッツでした......

▲このページのトップへ