dB2代目

dBの2代目モデルは2005年に東京モーターショーを経て、12月に発売されています。初代がオートサロン出品であったこととは、スタートの時点で違いがありました。

実はこの2代目のdBはトヨタ製ではなく、系列のダイハツ工業が生産しています。ベースになったのはパッソ(ブーン)であり、そのホイールベースを延長して作られています。

デザイン的には初代モデルの四角張ったものから、ややか角をとって少し丸みを持たせつつ、うねりを入れたような派手なデザインになっています。

dBは元々個性的な車であることがコンセプトなのですが、さらに強い個性を持つデザインになり「好き嫌い」がはっきりする車になっています。

またダイハツブランドでもクーの名前で販売されますが、コチラはややおとなしいエクステリアとインテリアで、デザインより実用性を重視しています。

対するdBはオーディオに力をいれ、11スピーカー搭載グレードや、ipod等が繋げるステレオミニプラグを搭載するモデルもあります。

エンジンは1300ccのK3-VE型と1500ccの3SZ-VE型で、ともにダイハツ製です。トランスミッションは4ATのみで、今回もMTモデルは用意されませんでした。

海外では初代モデルで兄弟車だったサイオンxBとは別物になり、サイオンxBは日本ではカローラ・ルミオンとして発売されています。

トヨタの豊富なというか、細かく変わる車種展開を物語るように、国内外で別の進化を遂げたのです。

トヨタはダイハツ生産に切り替えたことから、dBを国内限定モデルとして製造・販売していく方針のようです。

しかも発売当初からdBは先代モデルよりも人気があり、1ヶ月で12,500台の受注を受けて国内販売は順調そのもの。

先代のモデルよりもdBはより個性的になり、カスタムカーのベースというよりも、カスタムカーそのものになった感じです。

やや物足りなかったインテリア装備なども加わり、dB人気がブレークしたようです。

この記事のタグ

サイト内関連記事

トヨタのコンパクトカーヴィッツ誕生の歴史
トヨタヴィッツはトヨタが1999年に世界戦略車として送り込んだ、新世代のコンパク......
ヴィッツ初代(SCP10-NCP10系)
ヴィッツの初代はSCP10/NCP10系で、1999年から2005年まで生産され......
ヴィッツ2代目(KPS90/SCP90系)
ヴィッツの2代目モデルはKPS90/SCP90系で、2005年にモデルチェンジさ......
dB初代型
dBの初代は2000年の2月に東京オートサロンに出展されて、お披露目されています......
ファンカーゴの歴史
ファンカーゴは初代ヴィッツの派生モデルのコンパクトワゴンとして、1989年8月に......
カローラFXの歴史
カローラFXはトヨタが1984年に国内では、ホンダのシビックやマツダのファミリア......

▲このページのトップへ